So-net無料ブログ作成

「公務員制度改革」は不思議な言い方 [*国語]

【2010年07月25日】-最近よく「公務員制度改革」という言葉を聞く。国家公務員、特に霞ヶ関で働く国家公務員の人事制度を変えることを指してこう言っているが、不思議な表現だ。

 「公務員制度」がおかしいのだ。役所に制度はあるが、「公務員に関する制度」とは言えないと思う。「公務員人事改革」と言うべきだった。

 「公務員制度改革」を略して「公務員改革」と言うこともあるが、これはもっとおかしい。公務員という人間を改革することはできないからだ。人間を立て直すのは「再教育」などと言う。

 この問題表現をやめるのは大変だ。内閣に「国家公務員制度改革推進本部」があるからだ。

 調べてみたら、内閣官房・行政改革推進事務局・公務員制度等改革推進室は、平成13年12月25日「公務員制度改革大綱」を定めていた。そんなに前からこんなことを言っている訳だ。

 改革しようとしながら問題を増やすのだから、世話がない。

・参考資料
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100220/plc1002200240000-n1.htm
http://www.gyoukaku.go.jp/jimukyoku/koumuin/taikou/index.html

ブログランキング・にほんブログ村へ

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 1

コメント 0

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。