So-net無料ブログ作成
左翼シリーズ ブログトップ

左翼報道は一部 [左翼シリーズ]

【2009年07月14日】-左翼報道を散々批判してきたが、日本の報道がすべて偏っている訳ではない。火事や交通事故のニュースは偏向していないはずだ。だが殺人事件は扱いが大きすぎて、いらぬ不安を与える。起きたことは詳しく伝えるが、分析や対策は不充分だ。

 憲法や靖国神社については、事実と正反対のことを言う。特定のテーマについてだけ左傾している。

 マスコミの人は悪人ばかりかというと、そうではない。元々は善人だが、異常な思想を抱いているうちに、悪くなってしまうのだと思う。

 大学の法学部や経済学部では左翼教育を施しているので、それも原因だ。入社する前から偏った報道ばかりに接しているから、それが報道だと思い込みやすい。入社してからは、上司や先輩に左翼報道をするよう求められるから、体に染み着いてしまう。

 マスコミは左翼報道を信じる者を善人、信じない者を悪人のように言うので、若い人は左翼報道をリベラルで中立的と思いがちだ。

 左翼の活動家の中には本当に日本が嫌いで日本人を憎んでいる者もいるようだが、報道機関に強烈な左翼はあまりいないと思う。大半の記者は先輩や周囲に付き合っている程度だろう。ただし幹部が伝統的に左翼だから、出世するのも左翼ばかりで、左翼報道が続いてしまう。10年くらい前に比べると、急減した。報道機関をあまり嫌わないで頂きたい。

ブログランキング・にほんブログ村へ

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

フランスの活字メディアの政治傾向 [左翼シリーズ]

【2009年07月09日】

 右派:ル・フィガロ、フランス・ソワール(France Evening)(ここまで日刊紙)、エクスプレス(週刊誌)

 左派:ル・モンド(The World)、リベラシオン(Liberation )(ここまで日刊紙)、ル・ポワン(The Point)、ラ・ヌベル・オプセルバトゥール(The New Observer)、カナール・アンシェネ、(ここまで週刊誌)

 ル・モンドは有名ですが、やはり左翼なので悲しくなります。近年、反日のひどい報道をしているようです。アメリカのニュー・ヨーク・タイムズも捏造記事を載せます。両方とも一流と言われているから、自惚れているのでしょう。朝日新聞が傲岸なのも同じ理由でしょう。でも三社とも経営難に陥っています。

 題の意味が分かるように、括弧の中に英訳を書きました。ル・モンドは「世界」という意味なのです。ドイツにも「世界」という意味の Die Welt があります。

資料:http://oshiete1.goo.ne.jp/qa322478.html

ブログランキング・にほんブログ村へ

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

アメリカの活字メディアの政治傾向 [左翼シリーズ]

【2009年07月07日に掲載、9日に訂正】

 右派の新聞:ワシントン・ポスト、ウォール・ストリート・ジャーナル、ワシントン・タイムズ、ヒューマン・イベンツ

 右派の雑誌:アメリカン・コンサーバティブ(編集長はパット・ブキャナン)、アメリカン・エンタープライズ、ナショナル・リビュー、ウィークリー・スタンダード

 左派の新聞:ニュー・ヨーク・タイムズ、ロス・アンゼルス・タイムズ、シカゴ・トリビューン、ボストン・グローブ、サン・フランシスコ・クロニクル

 左派の雑誌:タイム、ニューズウィーク、US ニュース&ワールド・リポート

 アメリカのメディアも左翼の方がずっと多いのですが、日本のように露骨に国家の破壊を企んでいるようには見えません。

 テレビも左翼が大勢を占めるので、それに反発する人達は保守系のラジオを聞くようです。アメリカではラジオに政治番組が多いそうです。まだ研究不足で詳しいことは分かりません。

参考資料:
http://en.wikipedia.org/wiki/Conservatism#United_States


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

保革の雑誌 [左翼シリーズ]

【2009年06月20日に掲載、22日に加筆訂正】

 右派の雑誌:『サピオ』『週刊新潮』『週刊文春』『月刊文藝春秋』『諸君!』(この5月で廃刊)『正論』『ウィル』『ボイス』『テーミス』『明日への選択』『月曜評論』(廃刊)

 左派の雑誌:『週刊金曜日』『週刊朝日』『アエラ』『週刊現代』『世界』『中央公論』『サイト』『ロス・ジェネ』『論座』(朝日新聞の発行、廃刊)『月刊現代』(廃刊)『月刊宝石』(光文社の発行、廃刊)『噂の真相』(廃刊)

 『週刊新潮』は割といい記事を載せます。ぜひ読みましょう。左翼は現実に立脚していないので、廃刊が多いようです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

左翼が広めたいことと掲げる目標 [左翼シリーズ]

【2009年06月18日】

 広めたいこと:公社などの民営化、ボランティア、男女共同参画社会、ジェンダー・フリー教育

 目標:日本破壊、共産革命、アジア連邦、世界連邦

 男女共同参画は「男らしさ」「女らしさ」を消そうとする運動です。「男女平等」の言い替えとは違います。「自分らしい」けれど、女々しい男や雄々しい女が増えてしまいます。

ブログランキング・にほんブログ村へ

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

左翼の作った嘘と騒ぐテーマ [左翼シリーズ]

【2009年06月18日】

 左翼の作った嘘:侵略戦争、南京虐殺、従軍慰安婦、偏差値教育、知識偏重教育、詰め込み教育、英文法偏重

 むやみに騒ぐテーマ:自民党の派閥、金権政治、収賄事件、受験地獄、いじめ自殺、学歴社会、食品偽装

 知識を教えると支配階級ができてしまうので、体験学習を広めたいようです。それでは、教育水準は落ちてしまいます。

ブログランキング・にほんブログ村へ

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

左翼の好きな人と嫌いな人 [左翼シリーズ]

【2009年06月18日】

 好きな人:革命家(マルクス、レーニン、スターリン、毛沢東、金正日、チェ・ゲバラなど)、庶民、弱者、障害者、すぐ騙せる人

 嫌いな人:自民党、保守派の人間、皇室、医者、警察、銀行、自分の頭で考える人

 マス・メディアが批判するのは、嫌いな人達が中心です。中立的な報道というより、政治団体のプロパガンダに近いのです。

ブログランキング・にほんブログ村へ

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

左翼の好きな言葉と嫌いな言葉 [左翼シリーズ]

【2009年06月16日】

 好きな言葉:革新、平和、自由、人権、命、文化、抵抗、個性、主体性、民主主義、自分らしさ

 嫌いな言葉:保守、戦争、国体、祖国、神、復古、従順、横並び、服従、強制、天長節

 横並びが嫌いで個性が好きなのに、左翼マスコミは横並びのニュースを流します。「革新市長」などは「左翼市長」のことです。

 訳もなく命や平和と言う人達は大抵左翼です。「民主文学」「民主商工会」「民主教育研究所」は共産党系です。気をつけましょう。

ブログランキング・にほんブログ村へ

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

左翼の好きなことと嫌いなこと [左翼シリーズ]

【2009年06月16日】

 好きなこと:護憲、歴史改竄、針小棒大に騒ぐこと、自然保護、リサイクル、体験教育、日本の混乱、日本人の堕落、凶悪事件

 嫌いなこと:憲法改正、伝統の復活、日本の発展、平穏な暮らし

 資本主義国の左翼は、祖国と伝統を嫌います。チョムスキーなどアメリカの左翼も、祖国を敵視しています。一方、中国など社会主義国の左翼は、祖国愛をはっきり表します。共産体制になると、祖国が好きになるでしょう。

ブログランキング・にほんブログ村へ

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

左翼の好きなものと嫌いなもの [左翼シリーズ]

【2009年06月16日】

 好きなもの:憲法9条、以前の教育基本法、ゆとり教育、沖縄

 嫌いなもの:靖国神社、新しい教育基本法、自衛隊、在日米軍、日米安保条約、試験(特に入学試験)

 左翼にもいいところがあるので、毛嫌いしてはいけません。

                  ブログランキング・にほんブログ村へ


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

左翼の好きな国と嫌いな国 [左翼シリーズ]

【2009年06月15日】
 左翼の嫌いな国:日本、アメリカ

 左翼の好きな国:中国、北朝鮮、韓国、旧ソ連、キューバ

 一口に左翼と言っても、中国派、北朝鮮派、韓国派と分かれます。キューバも社会主義の国ですが、キューバ派は聞いたことがありません。旧ソ連派は、ソ連崩壊のあと消えたようです。

ブログランキング・にほんブログ村へ

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース
左翼シリーズ ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。