So-net無料ブログ作成
*マスコミ ブログトップ
前の30件 | -

左翼マスコミはヘイト・スピーチの原因を考えよ [*マスコミ]

【2014年10月06日】-数年前から新大久保などで、保守派の連中がデモをして、「韓国人は出て行け!」などと叫んでいる。韓国や中国が日本に言いがかりをつけてくるから、怒っているのだ。

 まともな日本人が怒るのは当然だが、左翼マスコミはいつものように原因は見ないで「外国人を差別してはいけない」などと、建前を撒き散らしている。中韓の勝手な主張は指摘しないで、日本人の反論を批判するのだから、タチが悪い。

 以前もこのブログで書いたが、中国人などを排斥する言動は的外れだ。中韓には日本に無理難題を投げつけてくる人間が多いが、日本に来ている中韓人は殆どが親日的なはずだ。だから日本にいる親日的な人達に対して「出て行け」と言うのは見当外れだ。

 保守派の連中はまだそれに気づかないし、左翼マスコミも指摘しない。

 最近は国連の小委員会もヘイト・スピーチを取り上げて、日本政府に法規制を求めているから、深刻だ。左翼は慰安婦問題のように国連でロビー活動をして、欧米人に勝手な話しを吹き込んだのだろう。また国際問題にして、日本の保守派を追い詰めようとしている。汚い。

 左翼は今までデタラメを言い触らして反論され、苦しんできたが、反省しない。日本を破壊したい連中だから、改心しないのだ。


ブログランキング・にほんブログ村へ

nice!(10)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

スコットランドと沖縄の独立運動 [*マスコミ]

【2014年10月01日】-最近よく見るテレビ・ニュースは、NHK総合テレビが平日午後7時から放送する『ニュース7』だ。

 NHKだから(他の大手メディアもそうだが)左翼がかっているし、時々悪質報道もするので神経が疲れる。

 この『ニュース7』は9月15日頃から連日、スコットランドの独立に関する住民投票を大きく取り上げた。スコットランドはイングランドと1707年に合併したが、原油の利益などをイングランドに持って行かれるので、近年独立運動が起きていて、19日に住民投票が行われた。

 イギリスの情勢は日本にも関係があるし、大事なできごとには違いないが、毎日取り上げるほど重要ではない。

 沖縄にも日本から独立しようという運動があるので、それを勢いづかせようとしているのかと思っていたら、19日の放送では「スコットランドだけでは経済が成り立たないだろう」などと強く言った。

 現場は左翼報道を企んだが、上層部から圧力がかかって、19日から方針を変えたのだろうか。

 いずれにしてもスコットランドの住民投票では、統合賛成派の票の方が多かったので、独立しないことになった。


ブログランキング・にほんブログ村へ

nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

反戦報道は、日本を中国の植民地にするための策略だ [*マスコミ]

【2014年09月28日】-もう1ヶ月も過ぎてしまったが、今年の終戦記念日にもマスコミは反戦報道をした。「戦争は悲惨だから絶対にいけない。何としても避けるべきだ。」と繰り返す空疎な内容だった。

 「戦争は駄目だ」と何度言っても、日本が戦争に巻き込まれなくなる保証はない。日本人がどんなに戦争を嫌っても、中国や北朝鮮が攻めてきたら戦争になってしまうからだ。反戦報道は、戦争が起きる仕組みを全く考慮に入れていない妄言だ。

 マスコミはこのような虚報を何度も批判されてきた。だが、執念深く続けてきた。デタラメを垂れ流す理由があるはずだ。今年の報道もどきを見ていて、その理由がようやく分かってきた。

 日本が中国や北朝鮮に攻撃された時、すぐに降伏する人間を増やそうと企んでいるのだろう。戦争のつらさを執拗に刷り込んでおけば、そのような国が日本を襲来した時、大半の日本人はすぐ降参して、外国の支配を受け入れると踏んでいるのだろう。

 マスコミの反戦報道は、日本を中国や北朝鮮の植民地にしようとする策謀に違いない。左翼政党が行う平和運動も同じ目的だろう。

 心ある人はそのような妄言に惑わされないように注意しながら、戦争を回避する方法を考えるべきだ。


ブログランキング・にほんブログ村へ

タグ:中国 反戦
nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

(改題)マスコミ、今年は熱中症患者を取り上げない [*マスコミ]

【2013年08月16日】-猛暑が続いているが、マス・メディアはなぜか熱中症で倒れた人を取り上げない。去年までは「昨日は猛暑のために、病院に運ばれた人が~人出た」などと毎日のように言っていた。

 今年はどうしてやらないのか。テレビや新聞も経費を削減しているから、手が回らないのか。やり始めるとしつこく連日言うのに、取り上げなくなると全く言わないのは極端だ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

タグ:猛暑 熱中症
nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

マスコミの「ない交ぜ報道」が日本を駄目にした [*マスコミ]

【2013年06月22日】-自民党の福島県連が震災と原発事故を混同したのは頭が悪いからだが、政治家がこの程度の思考しかできないのはマス・メディアが区別すべきことを区別しないで報道してきたからだろう。つまり「ない交ぜ報道」をしてきたからだと思う。

 例えば子供の成績と偏差値は違うのに、成績まで「偏差値」と表現する傾向があった。学校の成績と模擬試験の偏差値は関連があるが、別物だ。

 成績まで「偏差値」と表現して、「学校は偏差値教育をしている」と非難し、勉強は無駄であるかのようなイメージを振りまいてきた。その結果、日本の子供は勉学意欲を落とした。

 校則についても、異常な校則を取り上げて校則全体が悪いかのように言って、教師の指導をやりにくくしてきた。そのため好き勝手なことをする子供が増えた。

 政治資金については、選挙に使う金と飲食などに回す金を区別すべきなのに、混同して政治家のイメージを悪くしてきた。

 元々人間は論理的な思考が中々できないものだし、学校も思考力を養うことが少ないが、テレビや新聞が「ない交ぜ報道」をしてきたので、政治家も一般国民も落ち着いて考えることができなくなった。そのため、日本は判断を間違えてきたと思う。

ブログランキング・にほんブログ村へ

nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

来年4月、新聞の購読料も上がって経営危機か [*マスコミ]

【2013年01月27日】-消費税に関する与野党協議が進んでいる。こんな増税をしたら、景気は悪化し、犯罪と自殺が増えることは目に見えているのに、役人も政治家も真剣に考えない。

 25年くらい前消費税を始める前、新聞はしつこいほど反対したのに、今回の引き上げには賛成なのも驚きだ。だがそれは、食料品などと共に軽減税率の適用を受けて、新聞は5%のままで済まそうとしていたからのようだ。社説などで、新聞や書籍には軽減税率を適用するよう何度も主張してきた。

 だがその目論見は外れた。来年4月、8%に引き上げる時には、軽減税率はどの品目にも導入しないことにしたからだ。読売と毎日は1月25日付の社説で、軽減税率の見送りを批判している。新聞の月極購読料も上がることになり、販売部数は減るだろう。

 「自分達さえよければ他の人が困ってもいい」と思って、勝手なことを言ってきたからだ。毎日や地方紙など経営状態の思わしくない新聞社は、経営危機に陥るかも知れない。

・参考資料
http://www.j-cast.com/2013/01/25162696.html
http://mainichi.jp/opinion/news/20130125k0000m070103000c.html
http://www.yomiuri.co.jp/editorial/news/20130124-OYT1T01439.htm

ブログランキング・にほんブログ村へ

タグ:新聞 消費税
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

中日新聞の「極右内閣」は左翼の本音 [*マスコミ]

安倍 中日新聞2.JPG【2012年12月30日】-中日新聞と東京新聞が安倍内閣を「極右内閣」「国防軍オタク内閣」「ネトウヨ内閣」などと形容したので、物議を醸している。作家や学者に意見を求めて、そのようなあだ名を書いた。

 怒っている人が多いが、わたしは「またか」と思った。左翼は以前から中国や韓国に反論する政治家を「極右」と非難してきたし、憲法を改正して自衛隊の増強を目指す者を「軍国主義者」とけなしてきたからだ。

 だがこれが左翼の本音だ。60年くらい前からこのような思考法でいるのだろう。まともな人間からすると狂った考えだが、左翼は頭がおかしいので、こっちが狂って見えるようだ。

 そんな連中が作家や評論家をしているのだから、日本が悪くなるのも仕方がない。

 なお東京新聞は中日新聞の子会社なので、同じ記事を載せた。写真は中日新聞の紙面だ。

・参考資料
http://www.j-cast.com/2012/12/28160077.html?p=all

http://hamusoku.com/archives/7650718.html


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

トルクメン語を勉強するためにモスクワに留学した人 [*マスコミ]

【2012年11月04日】-言語学をやっている人は少ないのか忙しいのか、ブログなどを書いている人はあまりいないようだ。「にほんブログ村」の言語学のカテゴリーに登録しているのはたった48だ。このうちの大半が外国語学習のブログで、言語学を取り上げているのはほんの少しだ。

 数少ない言語学のブログに「トルクメニスタンとチュルク語の日々」がある。東京外大の修士課程にいる奥真裕(おく・まさひろ)君が書いている。チュルク語とはトルコ系の言語を総称する言葉で、トルコ語やトルクメン語のことだ。トルクメン語はトルクメニスタンで使っている。トルコ語に似ているそうだ。

 語学留学の楽しみと苦労がよく分かるブログだ。奥君の場合、既に英語を勉強していてアメリカに行くのとは違う。大阪外大でトルコ語を専攻したが、まだトルクメン語をちゃんと勉強していない。国内では学べないのだろう。その上まずモスクワに行った。直接トルクメニスタンには行きにくいようだ。

 ロシアでもトルクメン語に関する資料は少ないようだ。弱小言語を勉強するのは特に大変だ。

 英語やフランス語なら日本語の教材があり、日本で原書も買えるが、世界に5千ほどある言語の中で、入門書や辞書の揃っている言葉はほんの少しだ。

 私のブログと違って、ユーモアがあるのもいい。東京外大のサイトでは勉学状況をまじめに報告している。

・リンク
http://turkmenche.blog.fc2.com/

http://ofias.jp/j/tankihaken-aa/events/20124_4.html

ブログランキング・にほんブログ村へ

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

ノーベル賞の受賞はめでたいが、騒ぎはご免だ [*マスコミ]

【2012年10月09日】-とうとう京大の山中伸弥教授がノーベル医学賞を取った。数年前から候補に挙がっていたから、「やっともらったか」という感じだ。

 日本人が受賞したことはめでたいが、受賞の一報に触れた時ちょっと憂鬱になった。マス・メディアはまた喧騒を繰り広げるだろうと思ったからだ。

 案の定、大騒ぎだ。昨日は受賞したと騒き、今日は教授の「一夜明けた心境」を放映した。今日も昨日も特別なことは言わない。一言で言えば「うれしい」と語るのみだ。

 ノーベル賞だから、教授の言葉には特別な重みがあるが、受賞者は同じようなことを言うので、もう聞かなくてもいい。

 テレビ局は今回も、山中教授の母校である小学校や高校にカメラを持ち込んで、教師が生徒に「この学校の卒業生がノーベル賞をもらいました」と話す場面も撮影した。

 日本人が受賞するたびにテレビはこのような放送をするが、果たして意味があるだろうか。受賞者とゆかりのある人は大抵うれしいが、わざわざテレビや新聞が取り上げることはないと思う。(学問上のライバルは喜んでいないはずだ。)

 ワイド・ショーは時間が長いからまだいいが、正時のニュースなど短い番組が母校の様子を放映すると違和感を覚える。

 マスコミは「めでたい」と騒いで、深く考えない人間を増やそうとしている気がする。

ブログランキング・にほんブログ村へ

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

左翼の運動家は寄附で生活している [*マスコミ]

【2012年10月02日】-前のエントリーでは「沖縄の基地反対デモには本土の運動家が参加しているようだ」と書いたが、本当かと思う人もいるだろう。デモのために、何日も会社を休める人はあまりいないからだ。

 だが運動家は勤めていないなら、何日でもデモに加われるらしい。

 小林よしのり氏は『サピオ』に「左翼の運動家は『わしは金儲けのために政治漫画を描いている』と非難するが、寄附で食っている連中にそんなことを言う資格はない」と書いていたが、信じられなかった。

 去年東京タワーの近くを歩いていたら、それが本当らしいことを確かめられた。歩道を歩いていたら、車道の方から突然「こんにちは」と声をかけられた。車道から歩道に声をかける人はいないから、驚いた。

 車道の方に目をやると、小型のトラックがゆっくり走っていて、荷台には青年が立っていた。30代の青年は続けて「平和のために広島から行進しています」などと明るい声で話しかけてきた。

 近くに他の人はいなかったので、私に話しかけてきたことは明らかだ。妙に明るかったので、心底驚いた。そのため返事はできなかった。(左翼は思想は浅薄でも、明るくて優しいかも知れない。

 横浜から平和行進をしてきたのなら勤めは数日休めば済むが、あのスピードで広島からずっと走ってきたのなら、数週間かかるだろう。寄附で生活しているのだろうと思った。(のぼりが立っていたので、運転手と二人だけでやっているのはない。組織でやっているはずだ。)

 広島から「平和行進」をしても、日本の平和は守れない。暢気で浅はかだ。左翼は現実離れしている。

 港区芝公園は都心だが、人通りは少ない。だがデモは多く、見る人が殆どいないのに左翼はデモをしている。自己満足の遊びだ。

 デモに加わるだけなら、会社や役所に勤められる。デモに参加するのは労働組合の組合員が多いと、私は見ている。日本の左翼運動は労組が担っているようだ。意外にも、労組が愛国者の敵なのだ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

テレビ局は日本人にiPhoneを買わせたいのか [*マスコミ]

【2012年09月23日】-21日iPhone5が発売されたので、テレビ・ニュースは大きく取り上げた。店先に並んだ人達を映して、「~百人も並びました」とはやし立てた。

 テレビは以前からゲーム機など注目を集める製品が発売になると大きく扱うが、これは奇妙だ。

 数百人も集まることは大きな出来事には違いないが、あまり大事なことではない。また、最近はアップル社のiPhoneやiPadの新バージョンが出るたびに取り上げるから、メディア全体でアップルの宣伝をしているようだ。

 NHKは以前、企業名が画面に映らないように製品にシールを貼っていたが、今では民放と同じように社名と製品名をはっきり言った上で、行列を映している。

 左翼メディアは電機製品を買わせて、コマーシャルを増やしたいのだろう。また早朝から並ぶような軽薄な人間を増やして、日本の国力を落としたいに違いない。

ブログランキング・にほんブログ村へ

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

「~によると、~らしい」は本来おかしい [*マスコミ]

【2012年08月28日】-先週は日本言語学会が開催した夏期講座に参加した。日本を代表する言語学者12人が講義をした。

 講義は素晴らしかったが、学生の発表も面白かった。その中で、中国人が日本語の重複表現を取り上げたのが目を引いた。最近の言語学は理論研究に偏り、言葉の乱れを取り上げることは少ないからだ。

 重複表現とは、同じことを2度言う表現だ。「最後」は「一番終わり」の意味なのに、「一番最後」と言う人がかなりいる。このブログでは言葉の乱れを何度も扱ってきたが、重複表現も乱れた言葉だ。それを取り上げた人がいたので嬉しくなったが、外国人だったので日本人として恥ずかしくなった。

 その女子大学院生は「~によると、~らしい」も重複表現として挙げたが、大阪府立大学の英語の先生は質疑応答で「これはおかしくない」と否定したので、驚いた。外国人より日本語ができない。

 「~によると」は典拠を表すから、「らしい」は要らない。「天気予報によると、明日は雨だ」でいい。「明日は雨らしい」とは本来言わない。

 だが私もこのブログで「らしい」をつけたことがある。「よると」と「らしい」が離れていると、自分の意見と思われてしまいそうだったからだ。内容が当てにならない時も、断言しにくいので「らしい」をつけた。

 言葉の乱れにもそれなりの理由がある。

ブログランキング・にほんブログ村へ
アクセスランキングy
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

NHK、竹島訪問と靖国参拝で矛盾 [*マスコミ]

【2012年08月11日】-昨日大臣二人が「終戦記念日には靖国神社に参拝するつもりだ」と発言したら、左翼マスコミはこぞって取り上げた。参拝をやめさせようと圧力をかけたのだ。一体いつまで左翼報道を続けるのかと呆れるが、ここまではよくあることだ。

 これに関してNHKのBSニュースでは面白いことがあった。午後2時50分の回では、初めに韓国大統領が竹島を訪問したことを取り上げた。訪問に抗議する意味合いだろう。だが2番目は羽田大臣らの発言で、これも批判的に扱った。

 矛盾しているのだ。竹島訪問に抗議するのは愛国心の発露だが、靖国参拝に反対するのは愛国心の否定だ。以前は否定ばかりだったが、NHKも少しまともになってきたので、矛盾したのだろう。愛国心の否定は一切やめて、発露だけにしてほしいものだ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

福山市のホテル・プリンスはラブ・ホテル [*マスコミ]

【2012年05月15日】-広島県福山市で起きた火事では7人も亡くなり、痛ましい。

 普通のホテルだと思っていたが、昨日駅のスタンドで夕刊フジの広告を見て驚いた。ラブ・ホテルと書いてあったのだ。

 そういえばテレビで被害者の名を見ていない。そんなホテルに泊まっていたと分かると名誉を傷つけるから、控えたのだろう。

 メディアが自主的に名を伏せたのかと思ったが、朝日新聞などは広島県警が公表を控えたと書いた。

 7人のうち4人が中国人で、二組のカップルのようだ。

 3人の日本人のうち二人は母親と娘で、69歳と44歳だ。普通のホテルより安いので泊まったのだろう。

 窓にはベニア板を張っていたので、被害を大きくしたかも知れないという。特殊なホテルだから、外など見なくてもいいし、外から見られても困るのだろう。

 詳しいことは以下のリンクで読んで頂きたい。

・参考資料
http://www.asahi.com/national/update/0515/OSK201205150054.html

http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20120514/dms1205141139001-n1.htm

http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20120515/dms1205151541015-n1.htm

ブログランキング・にほんブログ村へ

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

日テレのディレクター、PAC3の取材中に交通事故 [*マスコミ]

【2012年03月31日】-北朝鮮は近いうちに人工衛星を打ち上げると予告しているので、自衛隊はPAC3(地対空誘導弾パトリオット)を配備して、日本列島に落ちてきた場合迎撃できるようにしている。

 大きな出来事だし自衛隊を監視したいから、メディアも追いかけている。その取材中に交通事故が起きて、日本テレビのディレクターが怪我をした。

 番組制作会社の社員である真壁陽介(28歳)は日テレの委託を受けて、広島に向かっていた。借り切ったタクシーに乗って滋賀県大津市の大津インターチェンジの加速車線に停車していたところ、後方から走ってきたトラックに追突された。

 真壁は軽傷で済んだが、助手席に乗っていたタクシー運転手の谷田幸生(41歳)は亡くなった。東京から広島までは遠いので、谷口は交代要員として乗っていたそうだ。

 取材中に事故に遭うのは珍しい。日テレ報道局は不誠実だから、神罰が下ったのかも知れない。

・参考資料
http://www.yomiuri.co.jp/sports/news/20120331-OYT1T00158.htm?from=y10
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20120331k0000e040227000c.html
http://www.daily.co.jp/society/national/2012/03/31/0004930805.shtml

ブログランキング・にほんブログ村へ

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

テレビが謝罪の場面を映すのは叩きたいから [*マスコミ]

【2012年03月06日】-テレビ・ニュースはよく、不祥事を起こした組織の幹部が頭を下げる場面を映す。多少違和感は感じていたが、問題を起こしたのだからいいと思っていた。

 だが先週の土曜日TBSテレビ系列の『情報セブン・デイズ・ニュースキャスター』を見ていたら、謝罪の場面も組織を攻撃するための策略だと気づいた。

 大阪市立中央高校の体育教師が(53歳)が校内で78回も調理や飲酒をしたと伝えてから、同市の教育委員長などが頭を下げる場面を映したのだ。委員長らは思い詰めた表情で、直立不動の姿勢から深々と頭を下げた。記者は意地悪な質問をして、追い詰めたに違いない。

 悪い教師を批判するのは当然だし、教委には監督責任があるが、委員が頭を下げるところをテレビに映して恥をかかせる必要はない。教委を叩こうという悪意は明白だ。

 また校内で酒を飲んではいけないが、調理はいいはずだ。それなのに両者をごちゃ混ぜにして、78回という数字を出して攻撃を強めた。

 飲酒くらい、かわいいものだ。授業をちゃんとしない教師や女子生徒に近づく教師などがいるはずだ。そのような問題教師を自ら取り上げず、教委が半年の停職処分を発表したら偉そうに批判するのだから、無責任でタチが悪い。子供のことなど、どうでもいいのだろう。

・医師も叩く
 TBSテレビは昨日5日の『JNNニュース』(午前11時半放送)でも、不祥事を起こした者が属する組織を攻撃した。

 埼玉医科大学の国際医療センターの医師(48歳)が覚醒剤で逮捕されたというニュースで、同大のウェブ・サイトを長々と映し、広報部員が謝罪する言葉を放送した。

 大学内で不正をしたのなら責任が大きいが、私生活で罪を犯したのだから大学にあまり責任はない。サイトを映したり謝らせたりする必要はない。大学を攻撃したのだ。

 左翼が学校や病院を攻撃するのは、日本を衰退させるためだと思う。不正を追及されて謝らされれば、組織に属する者は傷つき、自信を失う。組織は活力を失い、日本全体も衰えていく。左翼はそれを狙っているはずだ。

・リアルライブも教師叩き
 内外タイムズと称していた夕刊新聞は廃刊になって、リアル・ライブと名を変えてニュース・サイトになっている。これも3月2日付の記事で大阪市立高校の飲酒を取り上げたが、好きなようにけなしてから罵倒した。

「この教師は世の常識が、全く分かっていないようだ。そもそも、教師としての資質に問題があったとしかいいようがない。」

 飲酒をしていたからといって、教師として駄目だったとは限らない。また「いいようがない」という言い方が、しつこくで嫌らしい。この表現は必要ない。言いがかりをつけてでも叩いてやろうとしたのだろう。

 このように罵倒したのは商売のためだろうが、罪を犯した人間を叩いて面白がっている面もあるはずだ。自分こそ常識も良識もないのに、偉そうに威張り散らす。悪質だ。子供のいじめにそっくりだ。

・リンク
http://npn.co.jp/article/detail/46802790/

ブログランキング・にほんブログ村へ

nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

産経新聞、民主党を批判しすぎて、辻元清美に訴えられる [*マスコミ]

【2012年02月18日】-前回産経新聞は橋下人気を煽ったと書いたが、民主党にも批判を加えた。

「民主党の小沢一郎元代表が新党を結成することには、78.6%が『期待しない』と回答。『野田民主党』だけでなく、政権批判を繰り返す小沢氏に対しても期待は低い。」

「増税路線に反対する広野允士・広報委員長の9日の辞表提出に続いて、高橋氏の脱藩宣言は、足元から揺らぐ民主党を象徴している。」

 「民主党は駄目だが、維新の会は期待できる」というイメージを刷り込もうとしたのだろう。

 メディアはどこも民主政権に批判的だが、産経は特にそうで執拗に批判を加えている。そのため、民主党に嫌われているようだ。産経は以前から好悪を露骨に出すことがある。

・訴訟
 余りに民主党を批判したためか、辻元清美代議士は1月19日、産経新聞と阿比留記者に対して名誉棄損の訴訟を起こした。

 阿比留記者は去年の3月16日と21日付の朝刊に次のように書いたが、事実でないので損害賠償と謝罪高校の掲載を求めたのだ。

「辻元氏は平成7年の阪神大震災の際、被災地で反政府ビラをまいた。」

「カメラマンの宮嶋茂樹氏の著書によると、辻元氏は1992年にカンボジアで支援する自衛隊を視察して、自衛官に向かって『あんた!胸ポケットにコンドーム持っているでしょう』と言った。」

 政治家がメディアを訴えるのは珍しい。批判が余りにしつこいので、腹に据えかねたのだろう。

 辻元女史一人で決めたのではなく、民主党の幹部に相談したのだと思う。辻元は以前は社民党に属していたが、去年9月民主党に移籍した。

 阿比留さんは1月19日ブログに「こんな風にいろいろ好き勝手書いていると、こちらに対する風当たりも強くなることもありますが、チャーチルの『ネバー・ネバー・ネバー・ネバー・ギブイン』の精神でできるだけやっていこうと思います。」と書いたが、「風当たり」とは訴訟のことだろう。(引用文はすべて少し改変した。)

 普通チャーチルは「1941年、Never give up と語った」と言われるが、調べて見たらNever give in と言ったようだ。

 民主党を批判したくなる気持ちは分かるが、調べずに噂を書いてはいけない。(敬称略)

・批判を浴びた記事
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110315/plc11031521100044-n3.htm
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110320/plc11032021460029-n1.htm

・訴訟に関することなど
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120119/trl12011918160006-n1.htm 
http://www.j-cast.com/2012/01/20119503.html?p=all

http://www.kiyomi.gr.jp/blog/2012/01/19-2229.html
http://abirur.iza.ne.jp/blog/entry/2573721/

http://www.school-for-champions.com/speeches/churchill_never_give_in.htm

ブログランキング・にほんブログ村へ

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

去年の殺人事件は1051件 [*マスコミ]

【2012年02月12日】-ニュースはたびたび殺人事件を取り上げるが、警察庁は1月13日、去年警察が認知した殺人事件は1051件だと発表した。大体1日に3件の割合で起きたことになる。

 このうちニュースが取り上げるのは、年に100件もないと思う。多くの人が知らない殺人事件がたくさんあるようだ。

・参考資料
http://85798.diarynote.jp/201201132106508439/
http://www.ansin-jp.com/info/news_detail.php?page=2776

ブログランキング・にほんブログ村へ

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

マスコミに負けた政治家達=戦争責任も言い掛かり [*マスコミ]

【2012年02月05日】-2日付の「左翼メディアは真部防衛局長を吊し上げるな」に「左翼メディアは嫌いなことをしつこく取り上げて、大問題にでっち上げてしまう。30年くらい前からずっとこうやってきた。」などと書いたが、そのような例は特に1980年から2000年の間に政治家に対して多かったと思う。

 自民党の議員が大臣に就任し、記者会見で南京虐殺や従軍慰安婦を否定すると、マスコミが集中砲火を浴びせて辞任させたことが10回くらいあったと思う。

 南京虐殺や慰安婦は作り話だから否定するのは当然なのに、左翼は日本の戦争責任を作り出したいので、大臣がこんなことを言うと「まだ罪を認めないのか」などと追及して、辞任に追い込んだ。

・閣議決定
 左翼メディアの主張と違うだけならあまり追い詰められないが、「閣議決定や官房長官談話と違う」と追及することもあった。その閣議決定などは、メディアが余りにしつこく言うから仕方なく作ったものだから、メディアの主張と同じだ。政治家の追及劇は、メディアの自作自演と言ってもいい。

 政治家はふだん謂われなき非難に不満を溜めているから、大臣就任の時に反論したのだろう。辞めさせられた大臣は懲りても、他の議員は一層不満を募らせ、就任した時にその不満を言って、叩かれたのだろう。そんな悪循環が続いていたのだと思う。

 マスコミこそ「日本をどうにでもできる」と思って、政治や行政を引っかき回してしている。報道機関に実行力はないが、要人に圧力をかけることはできる。日本人の考え方や認識を変えることもできる。何十年もこれをしてきたのだ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

TBS と毎日はまだ講話問題で防衛省を叩くか [*マスコミ]

【2012年02月03日】-防衛省の講話問題について今日進展はないのに、共産メディアはしつこく取り上げて圧力をかけている。

 TBS は昼前のニュースで野党議員の非難を取り上げて、防衛省を追い詰めようとした。

 毎日新聞は、防衛省の隊員指導を取り上げた。「防衛省では選挙の前、投票に行くよう自衛隊員に呼びかけていた。国交省や経産省は総務省の通達を省内に転送するだけだ。防衛省はやり過ぎだ。」などと非難したのだ。

 幹部が特定の候補者に投票するよう求めてはいけないが、投票に行くよう呼びかけることに問題はない。こんな言いがかりをつけると、防衛省では自由に隊員教育をすることができなくなる。

 民間企業では、関係の深い政治家の選挙運動を手伝わされることがある。当然、その候補に投票するよう圧力をかけられるだろう。有権者の選挙権を侵害している。

 些細なことで役所を叩いていないで、企業と政治家の癒着こそ取り上げるべきだ。

・リンク
http://mainichi.jp/select/seiji/news/20120203dde041010069000c.html

ブログランキング・にほんブログ村へ

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

野田も谷垣も国民のことを考えよ [*マスコミ]

【2012年01月24日】-今日から通常国会が始まったが、与野党は激突している。野田首相は何としても消費税を上げると意気込んでいるが、野党は協議にさえ応じない。今年中に衆院を解散するのではないかという声が、もっぱらだ。

 日本をよくするために政治家が激突するのならいいが、与野党ともその視点はあまりない。

 財政赤字は巨額だから対策は必要だが、消費税を上げると税収が減るかも知れない。だが、野田首相や財務省にはその視点がないようだ。

 税率を上げると物の値段が上がり、小売り店の売り上げは落ちる。そうすると消費不況はひどくなり、税収は減るだろう。消費税を上げると逆効果なのだ。

 それなのに野田首相らは、「どうしても消費税を上げなくてはならない」と思い込んでいるようだ。増税より、特別会計や特殊法人を見直した方が長期的には財政は安定する。

・野党
 一方、野党は社民党を除いて与党と協議さえしない。自民党と公明党は民主党を追い詰めて解散に持ち込み、政権を奪取しようという計略に違いない。国民のことは二の次だ。

 民主党も自民党もこの程度なのに、野田首相も谷垣総裁も今日、演説の中で「使命」という言葉を使った。前者は「使命」を勘違いしているし、後者は利害を「使命」と言いくるめた。

 これから数ヶ月、国会は空転に近い状態が続き、時間を浪費してしまうのが口惜しい。

 自民党も民主党も国民のことを第1に考えるべきだ。そうすればずっと政権に就いていられるのだ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

大阪でテレビ局が襲撃される [*マスコミ]

【2012年01月10日】-昨晩何者かが、大阪のテレビ局を続けて襲撃した。7時半から11時半までの間、朝日放送、毎日放送、関西テレビの看板などにコンクリート・ブロックを投げつけて、破壊した。同一人物の仕業だろう。

 テレビ局に大きな不満があると見える。抗議しても、大阪のテレビ局は開き直ったのだろうか。

・参考資料
http://osaka.yomiuri.co.jp/e-news/20120110-OYO1T00275.htm?from=main2

http://www.nikkei.com/news/local/article/g=96958A9C93819A91E2EBE2E39E8DE2EBE2E3E0E2E3E09391EAE2E2E2;n=9694E3E4E3E0E0E2E2EBE0E0E4E5

ブログランキング・にほんブログ村へ

nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

巨人軍騒動は読売新聞を凋落させる [*マスコミ]

【2011年11月27日】-巨人軍の騒動は泥仕合になってきた。清武氏は解任の撤回を求める訴訟を起こすと言い出し、渡辺会長は名誉棄損と損害賠償で提訴すると言う。

 内部告発を理由にして解雇するのは不当だから、巨人側は負けるだろう。

 また清武氏が渡辺会長の名誉を棄損したと言うが、清武氏の訴えは本当のはずだから、これにも負ける。

 清武氏の記者会見によって、江川卓氏はコーチに就けなくなったから損害が生じたと言うが、裁判所がこんな言い掛かりを認めるだろうか。渡辺会長は負け戦に挑んでいくことになる。

 ナベツネは負けてもいい。負けた方がいい。今まで勝手なことを散々してきた。

・影響
 だが読売新聞の質が落ちないか心配だ。上層部がゴタゴタしていれば、編集部門に影響するだろう。今でも大した報道をしていないから、記事はもっと劣化する。

 一方いいこともある。販売部門はずるいことをして部数を伸ばしてきたが、経営が混乱すれば、今までのように強気のことはできなくなるだろう。

 巨人軍の騒動が読売新聞を凋落させるはずだ。朝日新聞の経営が悪化してから(私が悪化させてから)、新聞業界は「読売一強時代」に入っていたが、それが終焉するだろう。

 内紛のためナベツネ氏が失脚するのならそれは残念だが、読売の業界支配が終わるのならそれは喜ばしい。

ブログランキング・にほんブログ村へ

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

昏睡強盗の被害に遭ったのは日経社員 [*マスコミ]

◆昏睡強盗の被害に遭ったのは日経社員
【2011年11月25日】-今日、携帯電話で日刊ゲンダイを読んだら、11月4日付の記事が日経幹部のオリンパス天下りを扱っていた。だが、一人ではなく二人も天下りをしていた。これでは「個人のしたことで、日経とは関係がない」と言い訳をしても、誰も信じない。

 ところで昨日テレビ局は、中国人二人が送別会帰りのオジさん(60歳)から昏睡強盗をしたと大きく報じたが、J-Castや読売新聞によると、この被害者は日経社員だった。よく騒ぎを起こす新聞社だ。

 強盗されたのは、安易な金儲けをしてきた報いではないか。

・参考資料
http://www.j-cast.com/tv/2011/11/25114188.html?p=all
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20111124-OYT1T00483.htm

ブログランキング・にほんブログ村へ

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

日経が朝日とゲンダイに抗議 [*マスコミ]

【2011年11月23日】-巨人軍が清武を解任したことはメディアに関する大きな出来事だが、日経が朝日新聞などに抗議したことも大事なことだ。

 10月28日付のエントリーに「日経の専務だった来間紘がオリンパスの社外取締役になっていた」と書いたが、日刊ゲンダイと朝日新聞のウェブ・ロンザもそのように報じたそうで、日経は11月17日両社に抗議した。私が参考にしたJ-Castには抗議していないようだ。

 オリンパスの騒動はこれから大きくなるが、その時日経の天下りも取り上げられそうなので、イメージが悪くならないよう先手を打ったのだろう。

 だがこんな抗議はきっと無意味だ。日経もオリンパスと共に強い批判に晒されるはずだ。

・参考資料
http://www.j-cast.com/2011/11/18113648.html

ブログランキング・にほんブログ村へ

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

電通の調査は誘導尋問 [*マスコミ]

【2011年11月23日】-前回のエントリーでは電通の調査結果を取り上げたが、これは一種の誘導尋問だと思う。

 「テレビは便利になります。見たいですか。」と訊かれれば、「見たい」と答える人がかなりの数に上るのは当たり前だ。

 ふだんバラエティー番組を見ない私でも、見たい気になってしまう。電通は視聴率を上げて、自分達の収入を増やしたいのだろう。

 役所や報道機関が行う調査にも、そのような意図が潜んでいることがある。誰も、自分達の意図と異なる調査結果は望まないものだ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

ナベツネの独裁終了を望む [*マスコミ]

【2011年11月13日】-巨人軍の清武英利代表は11日、「渡邉恒雄会長が球団の人事に介入した」と批判したが、勇気ある行動だと思う。渡邉氏は、巨人軍のみならず読売新聞も牛耳ってきた。そろそろ独裁をやめるべきだ。

 20年くらい前まだ日本でインターネットが普及する前、パソコン通信の掲示板に読売の配達員がちょっと批判を書いたら、探し出して首にしたことがあった。ずっと前から陰湿なのだ。

 新聞記事も私情で書かせているという情報もある。読売は数年前、戦争責任を追及する連載をしたが、渡邉氏が戦争で上官に殴られた恨みを晴らすために日本軍を批判させたと、小林よしのり氏は描いていた。記者もかなり抑圧されているはずだ。

 朝日新聞では、秋山社長が中堅の記者を役職から解任しようとしたら、現場が抵抗したそうだ。独裁もいけないが、社長の指示に従わないのも駄目だ。改革が進まない。

 ナベツネ氏は、読売と巨人軍を好きなように支配する悪い癖を、いい加減やめるべきだ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

nice!(4)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

日経本社と経団連ビルは隣同士 [*マスコミ]

【2011年10月30日】-おととい「日経の重役だった者がオリンパスに再就職していた」と書いたが、日経は企業や財界との繋がりが以前から強い。経団連など財界の意向を社説などで主張するので、「日本財界新聞」と揶揄されることもある。

 新聞が特定の団体と強く結びついていても、仕方がないかも知れない。朝日新聞は岩波書店と仲がいいし、経済面ではパナソニックの製品を定期的に紹介していた。

 だが日経と経団連の結びつきはその程度ではない。本社が経団連ビルの隣の隣にあるのだ。大手町にある日経本社の隣には、農協のビルと経団連のビルが建っている。

 3団体のビルは一応別に建ててあるが、1階から3階辺りまでは繋がっていて、行き来ができるようだ。大手町を歩いていて、驚いた。

 3本のビルはまだ綺麗なのに、日経と経団連は近くにビルを建て直している。今度は農協は外して、両者だけのようだ。名実共に「財界新聞」なのだ。そのつもりで読んだ方がいい。

ブログランキング・にほんブログ村へ

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

日経役員がオリンパスに天下り [*マスコミ]

【2011年10月28日】-J-CAST で高橋洋一教授の書いた文章を読んでいたら、「日経新聞の幹部がオリンパスの社外重役になっている」と書いてあったので、びっくりした。新聞社の幹部が役人のように天下りをしている訳だ。

 朝日新聞でも管理職になった者は大抵、子会社や孫会社に天下りをしてから引退するようだが、新聞社の幹部が一般企業に再就職するのは聞いたことがなかった。

 オリンパスの有価証券報告書をサイトで探して見たら、確かに「来間(くるま)紘」が社外取締役として載っていて、「平成16年3月、日経専務取締役」などと書いてあった。

 オリンパスが来間を受け入れたのは、何かの時に批判を和らげてもらうためだろう。幹部を受け入れておけば、後輩はきついことを書きにくい。

 これでは日経に、役人の天下りや渡りを批判する資格はない。報道の自由を主張する資格もない。金によって報道を歪めているからだ。企業情報を流す情報会社に成り下がってしまったのか。

 日経はきっと今回のオリンパスの騒動に関しても、手加減をして腰の引けた報道をしているだろう。

・金儲け
 オリンパスは投資助言会社に600億円くらいを払ったが、その金は社長だった菊川剛の個人会社に流れたのではないか。そのような裏取引がなければ、600億円も払わないだろう。私利私欲がひどい。

 日経などがオリンパスの巨額支払いに気づいて計画の段階で報じていたら、支払いはやめてこのような騒動にならなかったはずだ。報道機関は天下り先を探すより、不正を見つけるべきだ。

 日経もオリンパスも、金儲けに目がくらんでいる。安直な金儲けで自分は潤っても、日本全体は駄目になってしまう。日本が駄目になれば、自分も長期的には損をする。カルマの法則によっても苦しむ。

 新聞社も企業も志を取り戻せ。

・参考資料
http://www.j-cast.com/2011/10/27111382.html?p=all
http://www.olympus.co.jp/jp/corc/ir/data/annual/pdf/annual143PB5.pdf

http://mainichi.jp/select/opinion/editorial/archive/news/20111026ddm005070072000c.html

http://www.nikkei.com/news/editorial/article/g=96958A96889DE1E7EAE5E4E6E5E2E0E7E3E2E0E2E3E38297EAE2E2E2;n=96948D819A938D96E38D8D8D8D8D

ブログランキング・にほんブログ村へ

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

「格差増大」は「貧乏人の増加」のことだ [*マスコミ]

【2011年10月18日】-数年前、メディアが「経済格差が広がっている」と取り上げた時、「日本は外国に比べて格差の少ない社会だ」と否定する人がいた。だがそれは的外れだ。

 というのは「格差の増大」と言っても、実際には「貧乏人の増加」のことだったからだ。所得の少ない人が増えたが、「貧乏人の増加」では露骨な言い方だから、「格差の増大」と表現したのだ。それが分からずに、「日本の格差は小さい」と言う人がいた。保守派言論人の金美齢女史は、2006年12月『日本ほど格差のない国はありません!』という本を出版した。

 金持ちが資産を貯め込んで、庶民との差が大きくなっても、庶民の収入が減らないのなら、別に問題はない。金持ちが羨ましくても、庶民は困らないからだ。

 だが、収入が減って借金をしないと生活できないような人や、ギリギリの生活をして病気になり生活保護をもらう人が増えたので、メディアは取り上げたのだ。だから「日本は、外国より金持ちと貧乏人の差が小さい」と言い募るのは全く的外れだ。

・銀行員も
 こんなことを言う者はまだいて、「リベラル日誌」というブログを書いている上村裕一さんは10月16日付のエントリーに「日本ほど格差がない先進国はないだろう」と書いた。格差が小さくても、貧乏人は増えたから問題だ。

 次のような見当外れの妄言も書いた。

「格差が全くない国というのは、果たして幸せなのだろうか。どれだけ技能や知能を研磨しても、意欲のない人達と同じ給料、同じ生活を強いられるのであれば、誰も努力をしなくなるに違いない。まさに共産主義の失敗を繰り返すことになるだろう。」

 誰も「所得格差をなくせ」とは言っていない。「職をくれ」「安定した生活ができる収入を払ってくれ」と訴えているのだ。それなのに、「格差をなくしたら、誰もが同じ給料をもらう共産主義になるだろう」と曲解するのだから、呆れる。

 この程度で外資系の投資銀行に勤めているらしい。外資銀行が良識をかなぐり捨てて金儲けに奔走するのは、考える力がないからなのか。

・引用資料
http://ameblo.jp/current-topics/entry-11049470590.html

ブログランキング・にほんブログ村へ

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース
前の30件 | - *マスコミ ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。