So-net無料ブログ作成

早大理工学部では捏造が横行しているのか [医療]

【2014年03月20日】-小保方晴子女史はSTAP細胞の作成方法を発表して一躍時の人になったが、その後捏造疑惑が出て非難を浴びている。

 今日になってようやくNature誌のウェブ・サイトで、同女史らの執筆した論文を見た。次の2本だ。

http://www.nature.com/nature/journal/v505/n7485/full/nature12968.html

http://www.nature.com/nature/journal/v505/n7485/full/nature12969.html

 初めの方だけ読んだ。確かに「どんな組織にもなる細胞が作れた」と書いてあるようだ。

 小保方さんについては博士論文にも疑惑が出ていて、次のブログが検討している。

http://stapcells.blogspot.jp/

 博論でもこんなに盗作していたのかと驚く。小保方さんだけが不正をしたとは考えにくいので、早大の理工学部では他の人も盗作などをしているに違いない。

 そう思いながらこのブログの右端に目をやったら、「早大 常田研究室のコピペ疑惑」などと書いてあったので、また驚いた。このブログの管理者は早大の他の研究者の論文も調べて、疑惑を指摘しているのだ。

 常田は小保方の指導教授のようだ。早大の理工学部応用化学科はどうなっているのか。もしかしたら他の大学でも、細胞研究では盗作やデータの捏造をしているのかも知れない。

ブログランキング・にほんブログ村へ

nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。