So-net無料ブログ作成

大物議員が次々落選し、自民党は世代交代進む [政局]

【2009年08月31日】-衆院選の開票結果が出た。民主党は308議席も獲得し、自民党は119議席にまで減った。民主が320に達するという予測もあったが、308は実に多い。

 自民党は議席を減らしただけでなく、大物議員が次々に落選した。そんな予測もあったが、現実になってみるとやはり驚く。読売新聞の記事によると、大臣をしたことのある有力議員が25人も落選した。戦後では初めてのことだろう。

 海部俊樹・元首相、堀内光雄、久間章生、中川昭一、柳沢伯夫、船田元、島村宜伸、深谷隆司、山崎拓らが落ちた。小池百合子、野田聖子、与謝野馨、町村信孝、武部勤らは小選挙区で落選したが、比例区で復活した。公明党の幹部も落選した。太田昭宏代表、北側一雄、冬柴鉄三らだ。

 民主党ではこのブログでも取り上げた青木愛、三宅雪子が当選した。青木さんは太田代表によく勝ったと思う。三宅は比例区で復活した。

 ・小沢が陰の首相か
 今回、民主党から出馬した新人議員は、小沢一郎の世話になって当選したようだから、小沢派に入ることになるだろう。小泉チルドレンをもじって、もう「小沢チルドレン」と言う人もいる。小沢の率いる派閥は急に勢力を大きくし、小沢が陰の首相として君臨しそうだ。政策よりも権力や権益を重視する男だから、問題だ。

 今回は民主党ブームが起きたので、実力がないのに当選した議員もかなりいると思う。小泉チルドレンが8割落選したように、民主党の「ブーム派」は次の選挙では厳しいはずだだ。20年前、旧社会党にマドンナ・ブームが起き、女性議員が多数誕生したが、ブームが去った後は殆ど落選した。ブームに乗っただけで実力がない者は、長続きしない。マドンナ・ブームからちょうど20年後だから、不思議だ。歴史は繰り返したのか。自民党の獲得議席は119で、同時多発テロの起きた9月11日を並べ替えた数字で、気味が悪い。

 投票率は7割ほどで、高かった。去年の金融危機以降、景気が更に悪化したので、困っている人達が民主党に期待して投票所に向かったのではないかと思う。

 31日の午前、株式相場は値上がりし、為替相場でも円高になった。市場も民主政権に期待しているのだろうが、どうなるか。

 今回落選した大物議員の数割は、冬柴さんが明言したように政界を引退するだろう。次の選挙に臨むのは、倅など後継者ということになり、自民党の議員が若返ることになる。老人がいつまでも現役でいることにも問題があった。

ブログランキング・にほんブログ村へ

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

民主政権をどうするか [政局]

【2009年08月30日】-衆議院選挙の投票は午後8時に終わったが、もう大勢が判明した。やはり民主党が圧勝するようだ。

 これから民主政権をどうするか考えなくてはならない。選択肢はいくつかある。

 1.鳩山代表など幹部のスキャンダルを暴いて、一刻も早く下野させる。

 2.公務員改革などは応援するが、左翼政策には断固として反対し阻止する。

 3.特に働きかけないで、情勢を見守る。

 2 が理想だが、左翼政策を阻止するのは難しい。鳩山代表は今月13日には早くも、「戦没者を慰霊するために、宗教色のない追悼施設を作りたい」などと語った。政権を取る前から、靖国神社を否定することを語った。腹立たしい。

 連立政権を組む予定の社民党は10日発表した政権公約に、「非核三原則を法律で決めたい」と書いた。だが28日に福島党首は「法定しなくてもいい」と述べた。民主党が反対だからのようだ。左翼はまだ「核兵器を持たない、作らない、持ち込ませない」という非核三原則に固執するのだから、呆れる。

 民主党の政権下では、日教組も暗躍するだろうから、恐ろしい。日本は暗黒時代に突入したのだろうか。

ブログランキング・にほんブログ村へ

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

「マニフェスト」はやめて「選挙公約」と言うべし [英語教育]

【2009年08月29日】-投票日はとうとう明日になった。前回の衆院選の時からか、選挙公約を「マニフェスト」と言うようになった。政党まで俗受けを狙って、不必要な英語を使うだから問題だ。

 初めは「マニフェスト」を「選挙公約」と訳してたが、今年になってからは「政権公約」と言うようになった。選挙運動の間、当選後に何をするか有権者に約束することだから、「選挙公約」の方がいい。なぜマスコミも政治家も「政権公約」と言うようになったのか。何か理由があるのか。マスコミは他者には「説明責任」を求めながら、自分達は説明しないで勝手に変えるから、矛盾している。

・マニフェストは和製英語か
 manifesto を英和辞典で引いたら、「宣言(書)、 声明(書)」と書いてあったが、「公約」はなかった。プログレッシブ和英辞典も「公約」の項に、manifesto は載せていない。

 Merriam-Webster On Line を見たら、「選挙公約」に当たる定義は載せていなかった。「アメリカの英々辞典にもないとなると、和製英語かも知れない」と思い始めた。

 ウェブ・サイトの Japan Today は、日本に関するニュースを英文記事で載せている。manifesto を「選挙公約」の意味で使ったこともあるが、少ない。8月2日に載った "Aso, Hatoyama trade criticism over policy platforms" の本文には、manifesto もあったが、policy platform の方が多かったと思う(記事は消えてしまって、もう見られないので、確かめられない。)題にある platform は「政策要項」の意味だから、policy platform で「選挙公約」を表すはずだ。題全体を訳すと「麻生と鳩山は選挙公約に関して批判し合った」だ。

 18日か19日に載った "Dueling manifestos" では題にも入っているが、本文では「公約」の意味で、campaign platform や platform と17回も書いた。manifesto は3回だけだ。campaign はここでは「選挙戦」「選挙運動」の意味だ。2日と18日頃の記事は、どちらも共同通信が英文で配信した記事だ。共同は、manifesto をあまり使わないようにしていることが分かる。

 またニュー・ヨーク・タイムズとワシントン・ポストが8月上旬に載せた記事には、policy pledge(政策の約束)や campaign promise(選挙戦の約束)や election promise (選挙の約束)と書いてあった。(これも記事が消えてしまった。)

 日本語のウィキペディアで「マニフェスト」の項目を見たら、「『選挙公約』の意味で使い始めたのはイギリスだ」などと書いてあったので、BBC のサイトで記事を調べてみた。

 "What went wrong for Japan's LDP? " には manifesto が出てきて、campaign promise などはない。だがイギリスの内政に関する記事では、election manifesto を幾つも見た。manifesto だけでは分からないこともある。

 次にイギリスの英々辞典を引いた。Cambridge Advanced Learner's Dictionary の manifesto の項には、"a written statement of the beliefs, aims and policies of an organization, especially a political party" と書いてあった。「組織、特に政党の信条・目的・政策を書いた文書」という意味だ。例文としては In their election manifesto, the Liberal Democrats proposed increasing taxes to pay for improvements in education. が載っていた。(自由民主党は選挙公約で、教育改革の費用をまかなうために増税を提案した)例文でも election manifesto となっている。

 だからマニフェストを「選挙公約」の意味で使うのは、イギリス英語としては確かにある。だがイギリスでも、election manifesto と言うことが多いのなら、日本で使うのはやめるべきだ。日本語で「選挙公約」と言った方がいい。

・語源
 Merriam-Webster On Line によると、manifesto は元々イタリア語の単語で、英語には1620年に入った。4百年近く英語にあるのに、まだ語末の母音が残っているのは不思議だ。形容詞や動詞として使う manifest があるからだろう。

 イタリア語やスペイン語では、母音で終わる語が多い。フランス語でも元々あったが、語末の母音は消えてしまった訳だ。

 「共産党宣言」は英語で The Communist Manifesto か Manifesto of the Communist Party と言う。共産主義は嫌いだから、余計に「マニフェスト」はやめてほしい。

ブログランキング・にほんブログ村へ

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

民主党を大勝させると、財政赤字が増えそうだ [政局]

【2009年08月28日】-18日に選挙戦が始まったが、大通りの近くに住んでいるので、選挙カーの音がうるさい。毎日同じ所で名前を連呼しても効果が薄いと思う。裏通りには行かないようだから、そっちも走った方がいい。

 その選挙の情勢は世論調査によると、民主党が大躍進するようだ。「320議席を超える」という調査もある。衆議院の議席(定数)は480だから、過半数は優に超えて3分の2だ。これだけ議席が多ければ、どんな法案でも成立させられる。社民党などと連立を組む予定だし、参議院でも第一党だ。独裁体制とまでは言えないが、民主党が好きなようにできることになる。恐ろしい。

 日本人は全体を考えることができないのか。幾ら自民党が不甲斐ないとしても、民主党をこんなに勝たせたら、後で困ると思わないのだろうか。前回の2005年9月の郵政選挙では自公の与党が大勝して、327議席も獲得した。民主党は113議席だった。

 与党が大勝したから、野党が反対しても与党は強行採決ができた。今度は民主党が大勝利を収めたら、正論を押し切って強行採決をするだろう。民主党に1度やらせてみたいとしても、大勝させたら危険だと思わないのだろうか。日本人の3割くらいは、結果を考えずに自分の好みを押し通す愚か者なのか。

 前回の衆院選で与党が野党の3倍の議席を獲得したといっても、以前のエントリーに書いたように、与党に投票した人が民主党に投票した人の3番いた訳ではない。今回も民主党に投票するつもりの人は、そんなに多くないのだろうが、小選挙区では死票が多くなるから、大勝してしまいそうだ。

・民主政権で財政破綻か
 選挙公報で民主党の公約を読んだら、驚いた。いわゆるバラマキだらけなのだ。(「バラマキ」という言葉は、左翼マスコミがけなす時に乱用するから嫌いだが、仕方なく使う。)

 民主党の公約には、子供手当、高校授業料の無料制、大学奨学金の拡充、月7万円の最低保障年金、農家の所得補償、高速道路の無料制、中小企業の法人税率の引き下げ、月10万円の求職者手当と、国民にお金を渡すことを羅列した。知っていたことが多いが、法人税の減税は初めて聞いた。

 予算を見直して無駄をなくしても、以上の政策をまかなえるほど捻出できるだろうか。役人は不祥事をリークしたりして、削減に抵抗するだろう。確たることは言えないが、厳しいと思う。

 民主党はどうしても政権を取りたいから、有権者の機嫌を取ろうとして、補償や手当を並べたのだと思う。だから、すべて実行する気はないだろう。役人が抵抗してできない政策もあるだろう。うまく節約できなくて、断念する施策もあるに違いない。

 だが節約した分は全て補償などに使ってしまえば、財政赤字の額はそのままだ。節約できるだろうと思って金を出したが、後でできないことになれば、国債を発行することになる。せっかく無駄遣いやめても、財政赤字は増えるかも知れない。自民党はだらしがないが、民主党を大勝させてはならない。バランスを考えるべきだ。

・他の政党の公約
 一方、自民党は選挙公報に、やる気のみなぎる文章を書いたが、具体策は一切ない。ウェブ・サイトでは1ページ目に「安易な政権交代は危険です」などと書き、3ページ目でやっと具体策を載せた。政策はあまり言いたくないようだ。やる気がないからだろう。

 余談だが、国民新党は「祭りの復活で地域再生」などと書いた。代表の綿貫さんは神主の資格を持っているから、祭りを持ち出したのだろう。神主だから、祭りが果たしてきた役割を熟知しているのだろう。この人がいつも泰然としているのは神を信じているからかも知れない。(秋祭りは元々、収穫を神に感謝するために行うから、都市部では意味を失った。)

 10年くらい前、月刊『文藝春秋』が当時の小渕首相に関する論文を載せ、「若い頃は文学が好きで、まだ太宰治の初版本を集めている」と書いてあったので、意外に思った。メディアは失言や不祥事はしつこく取り上げるが、政治家の経歴や人となりはめったに取り上げない。

 本題に戻ると、30日の投票で民主党を大勝させるのは危険な賭だ。左翼政策も駄目だが、補償や手当で財政赤字を増やし兼ねない。民主党に投票するつもりの人は、ぜひ考え直してほしい。自民党を下野させることが必要だとしても、民主党に大勝利を与えることは危険だ。日本の将来に禍根を残すと思う。

ブログランキング・にほんブログ村へ

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

怪談と肝試しは駄目 [神道とスピリチュアリズム]

【2009年08月28日】-また霊界に関することを書く。

 夏は暑さをしのぐために、怪談を聞いたり肝試しをしたりすることがある。霊界研究の見地から言うと、両方とも駄目だ。

 怪談が実話なら、出てくる霊がその場に来るだろうから、取り憑かれるかも知れない。架空の場合でも、この世をさ迷っている霊が集まってしまうだろう。霊が来れば悪い影響を受けることになる。

 また肝試しのために墓場などに行くと、そこにいる霊が怒るらしい。自分たちを怖い者と見なして、「キャー」などと言いながら通り過ぎれば、不愉快だ。霊は肉体を失っただけで、感じることは生きている人間と同じだそうだ。人間も、何もしていないのに怖がられたら怒る。霊も同じだ。

 以前テレビに、夜中墓地に入って暴れたら、その後ひどい目に遭った集団が出ていた。霊を怒らせたのだ。陰陽師に除霊してもらっていた。死者を馬鹿にすると、大きなしっぺ返しを受ける。

 霊が出るという噂のある廃墟などにも不成仏霊がいるから、同じように行っただけで怒る。墓場にいる霊より苦しんでいるはずだから、怒らせると人間に取り憑いて不幸にしようとする確率が高い。病気になったり不運が続いたりする。取り憑かなくても、家まで付いて来てしまうことがあるそうだ。霊の出る廃墟などに行ってはならない。

 そもそも怪談も肝試しもふざけたことだから、やらない方がいいのだ。「霊を怖がるのは臆病だ」などと責めるのは全く馬鹿げている。怖い者知らずの言う妄言だ。テレビは両方やって、怖がらせる。全く駄目だ。

 この世に留まっている不成仏霊は、3種ある。さ迷っている浮遊霊、ある場所から動けなくなった地縛霊、人間に取り憑いた憑依霊の3種だ。霊をあまり怖がってはいけない。肉体を失っただけで、人間とあまり違わない。死んだら誰でも霊になる。怖がってもいけないが、面白がってもいけない。

 不成仏霊を気にしないで、先祖霊に感謝したり霊界で安らかに過ごせるように祈ったりするのがいい。先祖はあの世に行っても、ずっと私達を見ているらしい。先祖に恥じないように生きたいものだ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

霊界を信じた方が、悩みが減る [神道とスピリチュアリズム]

【2009年08月26日】-昨日は、霊界を信じていないと困ることがあると書いた。自殺や殺人をする人は日本人全体の中では少ないが、誰でもいつか死ぬから、ある程度霊界を信じていた方がいい。強く信じる必要はない。信じ込んでいる人は不健全なくらいだ。半信半疑でいい。

 今日は霊界を信じると、得することを取り上げる。神様がいる根拠は一応挙げたが、霊界の根拠は書かずに来てしまった。実を言うと、霊界の根拠は持っていない。前世や守護霊の根拠も殆どない。だが神を信じる人は霊も信じるし、霊界や前世も信じるものだから、根拠がなくても分かってくれるだろう。

 私には霊界に旅する霊能はないから、自分の体験を根拠にできない。信頼できる本に書いてあることを基にして、私の考えたことを綴ることにする。

・生まれ変わり
 霊界があるのなら、人は生まれ変わるはずだ。キリスト教では転生を考えないが、仏教やヒンズー教では輪廻を信じる。人はこの世に何度も生まれてきて、死んでまた霊界に戻ると考える。生まれ変わるのなら、前世があるはずだ。今生きている人は、数十年か数百年前にもこの物質界に生まれて、生活していたという訳だ。

 ある人生は前世と無関係ではなく、同じような人生を歩むことが多いそうだ。農業をやっていた人はまた農業、職人はまた職人というように仕事は大体同じだし、性格も似るらしい。

 だから前世で一生懸命にやったことは今生(こんじょう)でも得意で、前世で身につけたことを出発点にして今生で取り組めるらしい。これが天賦の才なのだろう。

 だが今の日本では「できないのは努力が足りないからだ」と言うことが多く、出発点が違うことを公には認めない。また人は平等に扱わなければならないので、生まれ持った能力まで同じだと思いがちだ。

 だから特別な能力のない人は有名人などを羨ましがって、「2ちゃんねる」などに文句を書くことがある。「今生は前世の続きだから、前世から努力している人には敵わない」と思えば、ねたむ気持ちが和らぐ。

 また人の得手不得手には、守護霊や指導霊も関係する。守護霊は自分の先祖などで、生まれる前からずっと同じ霊が一人につく。指導霊は能力ごとの霊で、生きているうちに入れ替わる。だから特に指導霊が何かの名人だったら、その人は他の人より上達しやすい。

 本人が前世でピアノをやっていて、指導霊も生きていた時にピアノの名人だったのなら、本人がうまいのは当たり前と言ってもいいくらいだ。

・因縁
 前世の影響を受けるのは才能だけではない。災難もそうだ。前世で悪いことをしたら、今生でその罪を償わなければならない。殺したら殺される。火を点けたら点けられる。こんな不幸は前世の報いのことが多いらしい。こんなことを言うと被害者に怒られそうだが、自分が被害に遭った場合、こう考えれば心が幾分安らぐ。

 直前の前世で人を殺したら、今生で必ず殺される訳ではない。人は生まれる前に、どんな人生を歩むか自分で決めるから、辛い経験をして償おうと思った場合にそうなるという。

 苦しんでいる人を慰めるために、作り話を書いている訳ではない。信頼できる本や霊能者によると、本当にそうらしいのだ。ただし殺される人が皆、前世で人を殺したとは限らない。

・この世は修行
 なぜ人は何度も生まれ変わるのか。それは修行のためだという。人格を高めるために、この世に生まれ修行をする。霊界には物質がないなら働く必要はないし、上層部では願いがすべて叶うので、苦労して何かをすることがない。だから物質界に生まれて、修行をするのだという。この世では、食べなくては生きて行けないし、願いは簡単には叶わない。

 誰でも生まれる前に守護霊と相談して、修行のテーマを決めるそうだ。「自分はこんなところが至らないから、これを直せるような人生を歩もう」と決めるらしい。だから誰でも欠点を直すために生まれて来る。そう考えれば誰かに迷惑をかけられた時、「あの人はこんな性格を直すために生まれてきたのだろう」と思えるから、悪い人を赦す気になれる。

 誤解を受けるといけないので名前は出さなかったが、前回と今回のエントリーで綴ったことは、霊能者として有名な江原啓之さんが本に書いたことを基にしている。江原さんはテレビで派手な格好もするので、信用しない人もいるだろう。だが、決していい加減な気持ちで霊界の話をしているのではないので、誤解しないで頂きたい。

 江原さんの話すことは独自の考えではなく、イギリスの霊界研究(スピリチュアリズム)を基にしている。だから私の書いたことも、イギリス・スピリチュアリズムの影響が大きい。

ブログランキング・にほんブログ村へ

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

霊界を信じない者は、死んでから困る [神道とスピリチュアリズム]

【2009年08月25日】-23日のエントリーで触れたことだが、霊界を信じていないと困ることがある。霊や神など、どうでもいいのではない。霊能者はそれがはっきり分かっているが、あまり言わない。だから、信じない人は「霊なんか信じるのは物好き」と思って、相手にしない。

・信じない者は霊界に行けない
 まず霊や霊界を信じない人は、あの世に中々行けないそうだ。マジメな霊界研究の本には、よくそう書いてある。普通の人間は死んでも、すぐは死んだことに気づかない。病院で危篤状態になり、「もうすぐ死ぬ。ああ終わりだ。」と思って意識がなくなったのに、暫くしたら目が覚めて「死んだと思ったのに、生きている」と思うらしい。自分には体が見えるから、中々死を悟らない。

 不思議な話だが、その後病院から自宅に帰るらしい。家族は「誰々は死んだ」と自分のことを話している。友達に話しかけると、無視される。こうなって漸く霊を信じていた人は「どうも死んだようだ。死ぬとはこういうことなのか。」と思って死を悟り、霊界に行こうとするらしい。

 だが生きている時に霊界を信じていなかった者は、「自分はまだ生きている。体も見えるし、考えたり感じたりしている。死んでなんかいないはずだ。」と思い込む。だからこの世をさ迷い続け、人に迷惑をかけ自分も苦しむことになる。だから霊界を信じていないと、死んでから困る訳だ。

・霊界を信じると、自殺が減る
 日本では1年間に自殺する人が3万人以上いて、それが何年も続いている。悩んでいる人は「死ねば楽になる」と思って命を絶つらしいが、死んでも魂はなくならないから苦しいままだと、多くの霊界研究の本には書いてある。

 誰でも死んだ時の気持ちが、死後暫く続くそうだ。苦しい状態で自殺した人は、死後も暫く苦しい気持ちが続くそうだ。短い人は数週間、長い人は数百年も苦しいままだという。だから死んでも楽にはなれない。もくろみは外れる。

 また自殺すると、霊界からお迎えが来ない。病気や事故で亡くなる人は、病室などに先に死んだ親類縁者が迎えに来てくれるらしい。だが自殺は寿命を迎えて旅立つのではないから、迎えが来ない。

 どんな霊も死後数日から数十日はこの世にいるが、病死や事故死をした人は死を悟ると、迎えに来た霊と一緒に霊界に行ける。だが自殺した霊には迎えが来ないので、行こうと思っても行き方が分からず困るという。

 自殺が絶対に駄目なことは、大抵の霊界研究の本に書いてある。簡単に命を絶つ人が多い今日、霊界を信じる人を増やせば、自殺を少しでも減らせると思う。

・殺人も減る
 霊界を信じていない人は「死んだら終わりだ」と思っているから、信じている人に比べて殺人を犯すことが多いだろう。死刑になりたいから人を殺す者まで現れたから深刻だ。

 あの世にはいわゆる地獄はないそうだが、殺人などの重罪を犯した者は死後苦しまなければならないそうだ。霊界に行ってからは、誰でもこの世でしたことをすべて振り返るが、悪いことをした場面は何十回も何百回も見せられて、本心から反省するまでその場面が続くらしい。「死んだらすべて終わりだから、何をやっても構わない」という考えは成り立たないそうだ。

 霊界の仕組みを広めれば、自殺や殺人は減るだろうが、学校で教える訳にはいかない。テレビは霊の話題を取り上げるが、怪談や除霊などが中心で、霊界を信じていないとどうなるかは、はっきりとは言わない。中々難しい。

ブログランキング・にほんブログ村へ

nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

私の神秘体験 [神道とスピリチュアリズム]

【2009年08月24日】-今日は昨日の続きとして、私が体験した神秘的な現象を書くことにする。

 靖国神社だけでなく、神社によく参拝する。氏神様など小さい神社が多い。体が弱いので、よく軽い頭痛に襲われる。だから神社で「頭痛を治して下さい」と頼むことがある。今まで20回くらいそう頼んで、痛みがすぐ消えたことが3回くらいある。頭痛が急に治ることはないので、確率は低いが、神のお力だと思っている。

 また、古神道のビデオを見た後、不思議な体験をしたことがある。八幡書店という出版社は大本教や古神道の本を出しているが、そこから『神法 十種神宝秘玄』というビデオを買って見た後、自宅のの神棚に向かったら、頭の中でモヤモヤとした映像が見えた。1度目は偶然かと思ったが、もう1度ビデオを見た後また同じ映像が見えたので、偶然ではないはずだ。

 「十種神宝」は「とくさの・かむたから」と読む。ビデオの内容は、大宮司朗という古神道の大家(簡単に言えば神主)が祈祷をするだけで、どうということはない。見終わると体が少し軽くなるが、「7千円近く出して損したかなぁ」と思う程度の内容だ。だが神棚に向かった時、頭の中で何か見えたのだから、特殊なことが起きた訳だ。不思議な映像が2度見えてから、神を信じるようになった。それまでは半信半疑だった。

 霊の体験もあるが、おかしな人と思われそうなので書かない。

・風水の神秘体験
 心霊とは違うが、風水でも神秘体験をしたことがある。風水では部屋の掃除を薦める。埃(ほこり)があるとそこに悪いエネルギーがたまるし、部屋が散らかっていると、気の流れが悪くなると考えているからだ。

 掃除をして室内の気の流れがよくなったと感じたことはないが、コンタクト・レンズを洗っている時、コンタクトが滑りにくくなった。それまでは水で洗っている時、コンタクトが揺れて落ちそうになっていたが、掃除をしたら急に安定した。驚いた。

 掃除をしたら安定することは5回くらい経験したので、関係あることは明らかだ。この世には、合理主義では説明できない現象が確かにある。

 だが、神や霊のことばかり考えているのは、よくない。こんな話題が好きな人は、何かというと前世や守護霊を持ち出し、この世の出来事から逃げている場合がある。

 いわゆる霊感商法も全く駄目だ。心霊がちゃんと分かっている人は、「高い壺を買ったら、先祖が助かる」などとは決して思わない。先祖を助けたかったら、墓参りなどの供養をすべきだ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

手相を見れば、神や霊は否定し切れない [神道とスピリチュアリズム]

【2009年08月23日】-神や霊がいることは簡単には説明できない。普通の人には見えないし、触ることもできない。こういう話題を深追いするとオカルト好きと思われて、信用を失うかも知れないが、明日にでも書くように大事なことなので、今回取り上げる。

 神と人間の霊魂は似ているが、別の物のようだ。だが今回は区別せずに話を進める。

 ヨーロッパでは哲学者が、神の存在することを証明しようとしたが、無神論者はそれを読んでも信じないだろう。言葉だけで論証しようとしても難しい。霊が見えない者は、神秘体験をしないと信じられないだろう。

 大抵の人は、軽い神秘体験をしたことがあると思う。正夢や虫の知らせなどだ。だが的中率は低いし、夢や予感が当たったとしても、霊がいることの証明にはならない。だが、理性では捉えられない神秘があることは確実だ。夢や予感が8割くらいの確率で当たれば、超能力を信じる人はもっと多いはずだが、そんなに高い割合では当たらない。

 一般論としては「神や霊などある訳がない」と断言する人も、肉親が亡くなったら「あの世に行って、どうしているか」などと言うことがある。霊魂を全く信じていない人は、少ないと思う。

 神や霊をオカルトと言う人もいるが、UFO や宇宙人とは違う。霊魂や霊界は世界中の宗教が認めている。

・手相は科学で説明できない
 無神論者は「科学では説明できないから信じない」などと言う。だがそんな人達も皆、合理的思考では理解できない神秘を持っている。手相だ。

 優れた占い師に見てもらうと、手相占いはよく当たる。性格や大きな出来事を言い当てられる。実に不思議だ。手の平には人の運命が描いてある訳だ。手相だけで霊を信じる人はいないだろうが、この世には近代合理主義に反することがあることは確かだ。

 自然科学では説明できないことがあることを納得したら、霊や霊界に関するマジメな本を読んでみるといい。怖がらせることを目的にしている本は駄目だ。

 マジメな本としては、戦前出た『小桜姫物語』をお薦めする。小桜姫は戦国時代、鎌倉近辺に暮らしていた三浦荒次郎の奥方で、昭和の初め霊界の様子をこの世に伝えてきた。これはその記録だ。

 深い内容だから作り話とは思えない。霊が本当に通信を送ってきたのなら、霊や霊界を信じる根拠は増える。復刻版なので旧字旧仮名遣いで、古文が苦手の人には読みにくい。

 この本を読んだだけで、信じなかった人が急に信じるとは思わない。他にも書籍をひもとき、自分の頭で考えてみてほしい。

 幾ら本を読んで考えても、信じられない人の方が多いだろう。はっきりした神秘体験をしないと、信じられないと思う。私は霊や神は感じたことがあるので信じているが、霊界については体験がないので半信半疑だ。

 急いで結論を出す必要はないので、ゆっくり考えればいい。普通の人には死んでからでないと、はっきりしない。最終決着は死後でいいが、全く信じていないと弊害が起きる。それは次回取り上げたい。

 『小桜姫物語』はインターネットでも読める。
 http://www.books.x0.com/kozakura/

ブログランキング・にほんブログ村へ

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

霊魂を信じずに靖国神社に参拝するのは矛盾 [神道とスピリチュアリズム]

【2009年08月22日】-保守派の間では、「靖国神社には一切問題がない。問題どころか日本人はどんどん参拝すべきだ。」ということが共通認識になっている。

 だが保守派の人達が神や魂を信じているかというと、必ずしもそうではない。漫画家の小林よしのりさんは『サピオ』の連載で、靖国神社を強く擁護した後、「神や霊魂などいない」と否定したことがある。

 神や魂がいないのなら、靖国に参拝しても意味がない。霊魂は存在し、軍人の魂は靖国神社と関係があるから、参拝すると慰霊したことになるのだ。(死んだ人間の魂は墓や神社にはおらず、霊界にいるらしい。)神や霊魂を信じていないのに、靖国神社を擁護参拝するのは、残念ながら矛盾だ。

 左翼ほどではないが、保守派の主張も一種のイデオロギーなのだ。魂の存否から考えて靖国の妥当性を判断したのではなく、左翼に日本の伝統を批判されたから、反発して「問題ない」と言い張っている面がある。結論は正しいが、結論に達するまでの考察が不充分だから、矛盾してしまう。

 保守派の言論人の中で小林さんのようにはっきり否定する人は少ないが、はっきり肯定する人も知らない。神主は、神も霊も信じているようだ。

 そうはいっても、神の実在を簡単に信じられるものではない。それについては、回を改めて書きたい。

ブログランキング・にほんブログ村へ

タグ: 霊魂 霊界
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:ニュース

神社に参拝する時の作法 [神道とスピリチュアリズム]

【2009年08月21日】-靖国神社に参拝した時に、意外と作法を守らない人が多かったので、今回は神社にお参りする時に気をつけるべきことを書きます。私が完全にやっている訳ではありません。疲れている時は略します。緊張していると忘れます。

 作法を守らないと、神様は人間の願い事をちゃんと聞いてくれないと思います。靖国神社のように慰霊のための神社でも、同じようにした方がいいでしょう。(靖国では願を掛けない方がいいと思います。死んで数十年の霊に、何かをする力はないはずです。)

・参道の中央は歩かない
 神社の境内に足を踏み入れる時は、裏口などからではなく鳥居のある入り口から入りましょう。鳥居には、人を浄化する作用があるそうです。また、鳥居をくぐる時は会釈をして下さい。

 それから社殿に向かいますが、参道の真ん中を歩いてはいけません。そこは正中(せいちゅう)と言って神様が通る所だから、人間は歩いてはいけないのです。このことを知らず真ん中を堂々と歩く人が多いので、困ります。横切る必要がある時は、会釈をしながら横切って構いません。

 それから、手水舎(てみずや)で手を洗います。できれば口も清めて下さい。

 次に社殿の前まで歩きます。はやり参道の中央は駄目です。大きな神社で社殿は、本殿と拝殿に分かれています。ご神体を収める本殿は奥にあり、参拝は拝殿の前でします。靖国神社でも本殿と拝殿に分かれています。

 拝殿の前では、真ん中に立っても構いません。まず賽銭箱にお金を入れます。ここでは投げないようにして下さい。投げては失礼です。人間に向かっても投げません。それから鈴がある場合は、鈴を鳴らします。

・2礼2拍手1礼
 やっと礼拝です。2度お辞儀をして、2度柏手(かしわで)を打ってから、お願いをします。初めて参拝する神社では、自己紹介をしましょう。また神様の名前を挙げて、呼びかけた方がいいと思います。たとえば、「こちらの天照大神には、初めてお目にかかります。私は昭和~年~月~日生まれで、~に住んでいる~と申す者です。」などと言ってから、お願いをするのです。単に「こうして下さい」と頼むのは、よくありません。

 神様の名を把握しないで、参拝する人が多いので困ります。誰かに何かを頼む時、名前も知らないでお願いしますか。ある神社の本殿には素戔嗚尊(すさののの・みこと)と稲田姫命(いなだひめの・みこと)を祀っているのに、「天照大神、天照大神」と何回も唱えている人達がいました。神様も苦笑していたでしょう。神名を間違えては、真剣に願い事を訊いてはくれないはずです。(神名を挙げるといいというのは、私の独創です。)

 礼拝の最後には、もう1度お辞儀をします。柏手を2回打つ人は多いのですが、その前と後にお辞儀をする人は、あまり見かけません。

 神様というと特殊なものと考えがちですが、人間の偉い人と思えばいいのです。人に初めて会ったら自己紹介をします。偉い人にお金を放り投げることもしません。「何でも分かってくれるから、これでいいだろう」と甘えもしません。神を特殊なものと捉えず、人間の偉い人とでも思えば、自然にちゃんとした所作ができるはずです。

ブログランキング・にほんブログ村へ

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

橋下知事が夢に出てきた [神道とスピリチュアリズム]

【2009年08月20日に掲載、23日に加筆訂正】-夕べか一昨日か定かでないが、大阪府の橋下知事が私の夢に出てきた。知事は風邪を引いたようで、マスクをしていた。辛そうに何か訴えてきた。暫くしたらマスクを取ったので、顔がよく見えた。いつもやる気満々の橋下知事が意気消沈していたので、驚いた。

 今日テレビを見たら、橋下知事は昨日そんな表情で、「議会が府庁移転のための条例案をまた否決したら、出直し選挙をする」などと話していたので、びっくりした。昨日か一昨日否決された訳ではないのに、なぜあんなに深刻な顔をしていたのか。

 私の夢に実在の人物が出てくることは珍しい。あれは一種の正夢だろうか。

ブログランキング・にほんブログ村へ

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

酒井法子の逃走を助けたのは、元弁護士と建設会社社長の兄弟 [芸能人]

【2009年08月19日】-のりピーの話題には飽きてきて、テレビは繰り返しが多いから、見たくないくらいだ。6日間どこにいたのか、テレビも伝えているが、誰と一緒にいたのかは殆ど言わない。インターネットでスポーツ新聞などを読んだら、はっきり書いてあったので、まとめた。

 逃走を助けたのは育ての母(62歳)、女友達、元弁護士(75歳)とその弟二人の5人のようだ。弟の一人は建設会社の社長(本当は会長か)で、もう一人の弟は弁護士事務所の事務局長だ。

 渋谷で高相が「社長」と呼んだ人物は、この建設会社の社長のようだ。このうち酒井と6日間一緒に行動したのは、継母、女友達、社長の3人という。箱根の別荘と東大和市のマンションは元弁護士所有だ。

 元弁護士は富永氏のようで、イトマン事件などを担当した。「麻布建物」の架空増資事件で逮捕され有罪になり、弁護士の資格を剥奪されたという。数十年前みやび法律事務所を設立し、酒井の弁護人を務める榊枝真一弁護士はここに所属している。元弁護士が逃走援助の中心だろう。

 酒井はデビューする前からこの人達と知り合いで、育ての母が社長と付き合っていたようだ。事務所の社長よりも付き合いが長いし、継母と気心が通じているから、この人達を頼ったのかも知れない。

 「酒井と立ち去ったのは建設会社の社長」と一番早く書いたのは、朝日新聞の8月10日付の記事だ。いいところもある。またテレビは「育ての母」でなく、「父親の再婚相手」と不思議なことを言う。これも嫌がらせかも知れない。

 渡邉裕二氏のブログはレベルが高い。8月17日付のエントリーには、押尾学が六本木ヒルズで一緒に薬物を使ったホステスの名を挙げ、部屋を貸したのはピーチ・ジョンの女社長だとも書いた。

・参考資料
 ザクザク(19日付):
http://www.zakzak.co.jp/gei/200908/g2009081908_all.html

 日刊スポーツ(8月19日付): http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20090819-532617.html

 スポニチ(8月19日付): http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2009/08/19/02.html

 芸能ジャーナリスト渡邉裕二のブログ(8月11日付) : http://022.holidayblog.jp/?p=4751

 朝日(8月10日付): http://www.asahi.com/national/update/0810/TKY200908100145.html

ブログランキング・にほんブログ村へ

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

小細工をしても、与党は勝てそうにない [政局]

【2009年08月18日に掲載、19日に加筆訂正】-とうとう衆議院選挙が始まった。投票日が決まってから1ヶ月以上経ったので、ちょっと白けた感じがする。

 麻生首相が8月30日を投票日にしたのは、8月中は支持政党のない人達(いわゆる無党派層)は投票に行きにくいと思ったからだろう。

 子供が夏休みだと、出掛ける人もいる。支持政党のない人は野党に投票する傾向が強いから、夏休み中は自民党に有利になる訳だ。こんな小細工をしたが、自民党は議席を減らして、下野するだろう。

 だが政治部の記者などは盆休みが取れなくなったようだ。また選挙管理委員会や町内会の人も、暑い時期にすることが増えた。麻生は全く勝手だ。

 なお「無党派層」という表現は、左翼メディアが政党支持者を減らそうとして使い始めたようなので、やめた方がいい。以前は「浮動票の行方」などと言った。表現まで歪曲するので、注意が必要だ。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

朝日新聞は日本人を殺したいのか [*マスコミ]

【2009年08月17日】-さっき送信したエントリーを書きながら、新聞社のサイトで靖国神社を扱った社説を読み比べた。産経は8月12日付で、右派として妥当な主張を展開した。読売は15日付にエピソードを織り込みながら面白い文章を載せたが、末尾で新たな追悼施設の建設を求めた。偽保守だ。

 毎日も16日付でA級戦犯という見方を肯定して、追悼施設の建設を主張した。その上、麻生首相が15日参拝しなかったことを評価した。明らかに左翼だ。

 朝日は15日付で靖国神社に軽く触れたが、「日本兵は残虐なことをした。過ちを繰り返さないために、加害体験を語り継ごう。」などと書いた。日本が一国で戦争を起こしたのではない。国家間の対立が激化したから戦闘が起きた。ABCD 包囲網など日本封じ込めもあった。

 日本人が反省すれば戦争が起きないと思い込んでいるのなら、妄想家だ。日本人の認識を歪めながら、罪悪感を植え付け、生きる気力を失わせたいのだろう。悪質だ。

 現実を踏まえない妄想を書き散らしておきながら、「戦場の現実を踏まえない議論を、政治の場で横行させてはならない」と宣った。虚構を現実と言いくるめて、その虚構に騙されない人間を誹謗するのだから、手がつけられない悪人どもだ。

 朝日は戦時中、軍国主義一色の紙面を作って、日本人を間接的に殺した。今では方向は違うが、同じように虚構を言い触らして、日本人を殺そうとしている。戦前も戦後も正論を装って、デタラメを言い触らす。朝日こそ残虐だ。消滅させるべきだ。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

靖国反対論に根拠なし [神道とスピリチュアリズム]

【2009年08月17日】-今日は靖国神社について考えてみたい。閣僚や国会議員が参拝すると内外から批判が起きるが、その批判は妥当だろうか。

 これもイデオロギー対立で、左翼が反対して、それに保守派が反論している。左翼は靖国参拝にも、革命を起こすために反対しているはずだ。外国も怒らせて、外圧で日本政府を倒そうとしている。教科書問題でもそうだ。結論を先に書けば、靖国神社に問題はないし、国会議員も一般国民も参拝すべきだ。

・戦争を肯定する気はない
 靖国神社は戦前、対外戦争の象徴だったので、参拝すると軍国主義や侵略を肯定することになると左翼は言う。だが、参拝する人達は戦没者を弔いたいのであり、戦争を肯定している訳ではない。

 そもそも大東亜戦争(太平洋戦争)を「侵略戦争」の一言で片付けるのは無理だ。あの戦争はそんなに単純ではない。またたとえ侵略したとしても、我が国の戦死者を慰霊顕彰することは必要だ。

 「戦争を美化することになる」と言う輩もいるが、とんでもない言い掛かりだ。なぜ戦死者を慰霊することが、戦争の美化になるのか。誰でも戦争の悲惨さは知っている。参拝者は、戦争を素晴らしいとは思っていない。左翼は恥を知らないので、荒唐無稽な言い掛かりをつける。

 国会議員、特に首相が参拝すると、外国人が批判する。だが批判する外国人は、中国人と南北朝鮮人だけだ。中国人にはアメリカや東南アジアの華僑も含む。中国と朝鮮の人達だけが反対するのに、左翼メディアは「アジア各国で抗議の声が上がっている」などと言う。中立的な報道ではなく政治運動だから、平然と誇張する。

 また、日本人が日本の戦没者をどう慰霊するかは、外国にとやかく言われることではない。外国が日本国内のことに口出しするのは内政干渉だ。近代社会では、外国の内政に干渉しないのが原則だ。戦争の原因になるからだ。戦争を非難する連中が、戦争につながり兼ねないことを言うのだから矛盾している。

・東京裁判はいい加減
 中国や朝鮮の人達も、戦後ずっと政治家の靖国参拝に反対してきた訳ではない。1978年10月17日、いわゆるA級戦犯を合祀したことが分かったら、朝日新聞が記事にして両国の人達を怒らせたのだ。靖国反対論は、朝日など日本のメディアが作り出したデタラメだ。

 東京裁判でA級戦犯と言われた人達が実際にひどいことをしたかというと、そんなことはない。対米開戦に反対した大臣までA級にした。東京裁判は事後法で日本人を裁いたし、審理の仕方も杜撰だった。そんな裁判で有罪判決を受けたから、無条件で悪人のように言うのは余りに主体性がない。

 政府が武道館で主催する戦没者追悼式では、いわゆるA級戦犯も慰霊するはずだが、天皇皇后両陛下が出席しても誰も異を唱えない。

 また甲子園でも毎年8月15日正午に、戦死者を思って黙祷するようだ。今年は確かにした。これにも異論は出ない。夏の高校野球の主催者は朝日新聞社だ。朝日も追悼の必要性が分かっているし、靖国以外では「A級戦犯を除け」とは言わないのだ。

 だから、14人のA級戦犯を理由にして靖国参拝に反対する論に根拠はない。「靖国から A級を除いたら、中国などはB級やC級も除くよう要求してくるだろう。最後には靖国の廃止を求めるだろう。」という見方がある。だからA級を除くことには反対だ。新施設にも反対だ。中国が日本を責めるのは国内の不満をそらすためだから、要求を容れても無駄だ。

・軍国主義復活ではない
 左翼は「政治家が靖国神社に参拝して、軍国主義の雰囲気を広め、また近隣諸国に戦争を仕掛けようとしている」とも言う。これほど荒唐無稽な言い掛かりは他にない。

 日本がこれから他国に戦争を仕掛ける訳はない。外国に軍隊を送る理由はない。昭和初期はブロック経済のため貿易が自由にできなかったが、今は貿易に障害はない。今は逆に、戦争をすると貿易のできる国が減り、経済が打撃をこうむる。また日本は食料とエネルギーの自給率が低いから、戦争をするのは難しい。する理由もないし、したくてもできない。

 左翼は「政教分離の原則に反する」とも批判するが、これも言い掛かりだ。もし政治家の神社参拝を禁じるべきなのなら、葬式にも出られないことになる。国葬を営むこともできない。政教分離の原則は、政府が特定の宗教と特別なつながりを作ることを禁じるだけで、神社参拝や葬式参列まで禁止する訳ではないはずだ。

 靖国反対論には、言い掛かりやこじつけが多い。靖国批判に根拠はない。日本人は気にせずに参拝すべきだ。

・他に追悼施設はない
 政治家が参拝したがるのは、日本遺族会が求めていることも一因だ。遺族会は自民党の有力な支持母体だ。支持者に求められたら、むげには断れない。だがメディアはこんな事情は言わない。政治家の倫理観の問題として、靖国参拝を批判する。

 大東亜戦争に従軍した兵士達は「死んだら靖国で会おう」と言い合いながら戦地に赴いたのだから、靖国神社で追悼するのが一番いいのだ。反対する人達は誰のための慰霊か忘れている。

 政府の命令で戦地に赴き戦死した者を、国会議員が弔うのは当然だ。特に総理大臣は参拝する義務があるくらいだ。

 靖国問題は過去をどう見るか、戦死者をどうするかだけの問題ではない。未来にも関わることだ。戦死しても国家が弔ってくれないのなら、自衛隊員は思い切って戦わないだろう。左翼が閣僚の参拝を妨害すると、国防にも支障が出る。このことに気づいている人は少ない。

 民主党の鳩山代表は先日、国立の追悼施設の建設を検討する旨を発表した。そんな施設ができると、靖国神社の地位が相対的に下がってしまうので、反対だ。

 靖国神社には主に左翼が言い掛かりをつけるが、問題は全くないので、政治家も一般国民も参拝しよう。

ブログランキング・にほんブログ村へ

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

靖国神社の周辺は騒々しかった [神道とスピリチュアリズム]

【2009年08月16日に掲載、19日に訂正】-昨日は終戦記念日だった。毎年この日、閣僚が靖国神社に参拝すると、左翼マスコミは批判する。程度の低い議論だ。今年参拝した閣僚は一人だけだったので、特に批判しなかった。靖国神社の是非については明日に論じることにして、今日は私が昨日参拝した時の模様を記すことにする。

 早い時間だと暑いし、左右の団体が言い合っているだろうから、遅い時間に行くことにした。地下鉄の九段下駅には4時45分頃着いた。地下道に巡査が3人も立っていたので、まだ落ち着いていないのかと心配になった。実際、マイクの大きな声が聞こえた。

 靖国神社に一番近い出口から外に出ると、うるさい連中が突然目の前に現れそうなので、交叉点(こうさてん)の前に出る出口から出ることにした。ところが地上に上がってみたら、その出口の真ん前で30代の男がマイクを握って大声を出していた。何のために遠回りしたのか分からなくなった。

 靖国神社に反対する連中を批判していたから、安堵したが、うるさかった。その男を囲むようにして数十人が立っていたが、無表情なので話しを聞いていたのか分からない。

 それから靖国神社に向かって歩き出した。夕方なのにまだ人出がかなりあった。巡査だけでなく機動隊員もいて、騒ぎそうな人より警官の方が多かった。何人かビラを配っていて、1枚もらったら中国共産党の弾圧を非難していた。中国人なのだろう。靖国賛成派は分かってくれると思って、ビラを配っていたのだと思う。

 第一鳥居をくぐって境内に入ったら、警官は減って神社の警備員が増えた。拝殿までのんびり歩いたら、10分くらいかかった。拝殿の前には、参拝を待つ人達が大勢立っていた。参拝者の多い神社では、後ろの方で祈って帰ることもあるはずだが、ここでは誰もが自分が最前列になるまで待っていた。それだけ心が籠もっている訳だ。

 参拝者を見渡してみたら、男女比は8対2くらいだった。平均年齢は意外と低く、50代以下が8割を占めているように見えた。兄弟や妻など英霊の遺族がもっといると思った。そんな人達は早い時間に来るのかも知れない。

 一番多いのは30代だ。若い人は殆ど一人か友達と来ているようだった。戦没者の子孫なら家族と来るだろう。愛国心の強い者が参拝するのか。私にも靖国に眠る親族はいない。カップルなどは気楽な顔をしていたので、子孫でもないし、慰霊の気持ちも特にないように見えた。服装は普段着の人が殆どだった。

・やっと参拝
 拝殿前で待っている人達は初め雑然と並んでいたが、前に進むにつれ整列していった。面白い。70代の男は参拝の後、「天皇陛下、万歳! 大日本帝国、万歳!」と2度も叫んだ。やはり古いタイプの人間が来るようだ。読経する声も聞こえた。神社でお経を上げても構わない。

 15分ほど待って、やっと私の番になった。賽銭を入れてから、「霊界で安らかにお過ごし下さい」と念じた。神道では2礼2拍手1礼(2度お辞儀をして、2度手を叩き、1回お辞儀をする)のが礼儀だが、そうする人は少ないようだった。学校で参拝の仕方を教えていないからだろう。

 参拝を終えてからちょっとベンチに腰掛け、涼みたいので遊就館に入った。売店で立ち読みしている人が何人もいた。遊就館には10分ほどいて、外に出た。

 辺りを歩き回ってみると、パール博士顕彰碑があった。そういえば保守派漫画家の小林よしのりさんが「靖国神社にパール博士の碑がある」と書いていたようだと思った。他にも鳩魂塔、軍犬慰霊像、戦没馬慰霊像もあった。犬や馬も戦争に駆り出されたことは知っていたが、靖国神社が祀っていることは知らなかった。

 それから拝殿の方に戻ったら、「参集殿」という建物があり、大きな看板を立てかけて「本日の昇殿参拝は終わりました」などと書いてあった。「遺族はお金を払って、本殿で参拝するのだろう」と思った。喪服を着た人達が出てきた。遺族だろうが、40代に見えた。

 5時半に拝殿前に着いたら、並ぶ人はさっきの半分くらいに減っていた。来た道を戻った。第一鳥居に近づくにつれて段々怒鳴り声が聞こえてきた。「お前に分かるか」などと言い合っていた。右翼と左翼が論争しているのかと思ったが、右翼団体同士が罵り合っていたようだ。私が境内の外に出た時ちょうど、右翼団体の車2台が走り去った。靖国賛成派同士で、言い合ってどうするのか。

 うるさい連中がいなくなったら、落ち着いた人がマイクで話し始めた。右派の人で、「左翼が靖国を批判するから、右翼団体が来る。そうすると衝突が起きないように警察も来る。」などと話していたようだ。歩道橋の上でその話を聞いている人達が数十人いた。

 そんな人達を横目に見ながら歩道橋で道の反対側に行き、北の丸公園にちょっと入った。駅まで戻ったら、女装したオカマも見かけた。変わり者が集まる日になったのかも知れない。

 遺族が祀られていなくても日本人は靖国神社に参拝すべきだが、8月15日に行くのはどうかと思う。うるさい連中がいて、落ち着いて参拝できない。早い時間には「英霊にこたえる会」などが真面目な集会を開くが、それを聞かないのなら遺族以外は別の日に行った方がいい。終戦記念日でなくてもいいと思う。

 帰宅してから、フジテレビで『硫黄島からの手紙』を見た。硫黄島の激戦を描いた映画だ。改めて英霊の慰霊と顕彰が必要だと思った。

 なお、「交差点」は当て字なので「交叉点」と書いた。「抽選」「融和」「義援金」も当て字だ。本来「抽籤」「宥和」「義捐金」と書く。公文書でも当て字を使っているから、日本文化を再興させることは難しい。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

のりピーを無理して起訴することには反対だ [芸能人]

【2009年08月14日】-「酒井法子容疑者は起訴されないかも知れない」という情報が流れてから、「起訴すべきだ」と主張する人がかなりいる。証拠が足りないのなら、起訴できなくても仕方がない。無理して起訴したら、無罪判決が出るだろう。証拠が足りないのに有罪判決を下せば、一種の冤罪だ。

 「悪いことをしたから、必ず罰すべきだ」という意見は、刑事裁判の厳格性を踏まえていない。「有名人だから厳しくすべきだ」と言う人は、法律は公平に適用しなければならないことを知らない。有名人を特別扱いして刑罰を重くすることは、法の平等原則に反する。

・証拠が不足
 酒井容疑者の部屋から見つかった覚醒剤は 0.008 グラムで、1回の平均使用量は 0.03 グラムだから、普通は起訴猶予になるそうだ。たとえ起訴しても、微量だから鑑定すると殆ど残らず、公判で鑑定の適法性を立証するのは難しいという。そうなら所持容疑で起訴できなくても仕方がない。

 使用に関しても、物証が揃わない。尿検査の結果は陰性だった。毛髪検査では時期が特定できないから、証拠にならないという。確たる物証はないが、容疑者は使用を認めていて、状況証拠もある。だがそれだけで起訴したら、刑事手続きの原則をねじ曲げることになる。

 今まで冤罪はそうやって生まれ来たはずだ。司法やメディアが「凶悪犯罪を犯したのだから、物証が足りなくても裁判にかけるべきだ」と考えて、有罪判決を出させたのではないか。厳密な審理をしたのなら、冤罪は生まれないはずだ。

 今回は冤罪でないはずだし、私も起訴できるのなら起訴すべきだと思うが、それでも他の容疑者の場合これくらいの物証では起訴しないのなら、酒井容疑者を起訴するのはおかしい。証拠が足りないのなら起訴できなくても仕方ない。法はそういうものだ。

 有名人でも一般の人と同じように扱うべきだ。冤罪が起きたと分かったら猛烈に批判する人達が、「証拠が足りなくても起訴すべし」と主張するのは矛盾している。

 また逃走している間に薬物が体から抜け出てしまったろうから、「逃げ得」と批判するメディアもある。私もそう思うが、悪賢い人間がうまく逃げることはよくある。逃げたら逃げたで、どこかでツケを払うはずだから、憎むことはない。

 「悪いことをしたから罰を受けて当然だ」「有名人の事件は影響が大きいから、起訴すべきだ」と考える人は、法律の原則を無視している。メディアは司法に圧力をかけているのだろう。処分が重ければ重いほど、報道は盛り上がる。大衆を煽動して、日本人の心を歪めることもできる。左翼は今回の事件も陰謀に利用している。

 薬物の怖ろしさを伝えることも必要だが、刑事裁判の原則も教えるべきだ。大事なことだが、高校までに習わない。法学部に行かなかった人は、自分で勉強しなければならない。

・のりピーは実にずるい
 酒井容疑者は夫を路上に置いて立ち去り、薬物反応が出なくなるまで逃げた。逮捕されてからは、6日間どこにいたのかはっきり話さない。「港、新宿、中央、千代田の各区、山梨、立川、箱根にいた」と供述したそうだが、6日間でそんなにあちこち行けるだろうか。目撃されたくないから、出たがらないはずだ。立ち寄り場所には嘘もあるだろう。

 夫の高相容疑者の方が素直に話しているようだ。のりピーは元々そんな性格なのではないか。純情派ではく、世渡り上手派だろう。本当の純情派はタレントになろうとしないと思う。

 酒井容疑者は起訴猶予処分になって、釈放されるかも知れない。そうなったら、法律以外の手段で罪を償わせればいい。芸能界から締め出してもいいし、反省させる集会を開いてもいい。法律は厳格に適用しなければならないから、処罰できない場合もあるのだ。

 この事件に関してメディアに登場した小森榮弁護士も、8月13日付の日記の末尾に同じ趣旨のことを書いているので、アドレスを載せておく。
 http://33765910.at.webry.info/

ブログランキング・にほんブログ村へ

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:ニュース

1時間くらいの断水なら、ニュースにならないのか [他の評論]

【2009年08月13日】-8月11日午前5時7分頃、駿河湾を震源とする地震があった。私の住む東京都板橋区でもかなり揺れた。午前5時頃たまたま目が覚めた。暫くしたら地震があった。揺れが収まってからトイレに起きたら、水が出ないので慌てた。数十秒待ったら、ちょろちょろ出たので、手を洗ってからまた寝た。

 板橋区でも断水したのだから、新聞などは書いたかと思ってインターネットで調べたら、どこもニュースにしていなかった。1時間くらいの断水なら、報じないのか。

 それにしても静岡の被害は大きかった。東名高速道路はまだ復旧しない。

 また、兵庫や岡山では台風9号によって18人が亡くなり、台湾では台風8号のため300人くらいが命を落とした。自然災害が続いている。

ブログランキング・にほんブログ村へ

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

電車の中でコンタクト・レンズをつけるのは無謀 [町中のマナー]

【2009年08月12日】-夕方電車に乗っていたら、25歳くらいの女の子が立ちながら、ソフト・コンタクト・レンズを目に入れようとしていたので、驚いた。電車の中で化粧をする女の子は何度か見たことがあるが、コンタクト・レンズをつけようとするのは初めて見た。

 電車は揺れるので、その子は中々つけられなかった。私はすぐ降りたので、最後にはつけられたのか諦めたのか分からない。

 せめて座ってからつけるべきだ。何を考えているのか。床に落としたら汚れてしまう。目を傷つけるかも知れない。それをするのに相応しい状況かどうか考えない。親や教師は躾や教育をしてこなかったのだ。

・独り善がりな人間ばかりだから日本は潰れる
 電車の中で化粧をするのも危険だ。怪我をすることもあるだろう。目を刺してしまったら、救急車を呼んで大騒ぎだ。鉄道の運行は遅れ、他の乗客も迷惑する。だが鉄道会社は広報もしない。イメージが悪くなると、自分達が損するからだろう。「お客様」と言いながら、客に平然と迷惑をかける。独り善がりだ。

 新聞や雑誌では「車内の化粧は見苦しい」と非難する人はいるが、「危ない」という批判は聞いたことがない。自分が見たくないなら非難している。自己中心的だ。その人のことは考えない。些細なことでも問題行動を起こしていたら、そのうちもっと大きな問題を起こすだろうに、見えたことだけに文句を言っている。左翼だから、問題を増やしたいのだ。余りにレベルが低くて、言論の名に値しない。

 化粧の段階で注意しないから、コンタクト・レンズまで入れようとする者が出たのだと思う。親も教師は極めて無責任だ。試験に出ることや教科書に書いてあることしか教えないのか。

 食堂に入ったら、50歳くらいの男が食べながら文庫本を読んでいた。前からこんな人はいるが、これも駄目だ。

 駅前に自転車を放置する者も、スカートをむやみに短くする女子高生も、飛び込み自殺をして電車を何時間も止める者も、他人の迷惑を考えず、独り善がりだ。そんな連中が日本人の生活を乱しているが、批評する者まで独り善がりだから、全く解決せずに悪化していく。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

タレントは厳しい仕事だから、覚醒剤に手を出すのではないか [芸能人]

【2009年08月11日】-やはりテレビは8月10日から酒井逮捕を大きく扱った。フジの夕方のニュースでは35分くらいやったが、過熱はしなかったようだ。薬物更正施設にも取材し、少し深みがあった。

 ワイド・ショーは今日11日も騒いだようで、J-CAST の記事によると、日テレの『スッキリ!!』は前日と同じ内容を1時間も放映した。無責任だ。

 驚いたことに、酒井さんの部屋で見つかった覚醒剤は量が少ないので、起訴されない見通しだという。他の事例でもそうなら、それでいい。

 だが警察は「行方不明になったのは、夫が逮捕されたので気が動転し、出頭を迷った。積極的に逃げるつもりはなかった。」と見ているという。そうなら捜索願が出たと知った時、すぐ身内に連絡したはずだ。まだ正式な発表でないから、マスコミの間違いかも知れない。

・タレントは苛酷な商売だ
 酒井さんは「夫に勧められて使った」と供述しているそうだが、勧められたら必ず使うとは限らない。事情があるはずだ。結婚がうまく行かなくなったという説はメディアに何度も出た。

 だが、仕事はどうなのか。最近テレビにあまり出ていないと思う。私はバラエティー番組などは殆ど見ないので、よく分からない。人気が落ち仕事も減って焦ってしまい、薬物に手を出したのかも知れない。メディアはこのようなことを一切考えないのだから、全く片手落ちだ。

 しっかり調査していないが、覚醒剤などを使うタレントは人気が落ちた人が多いように思う。仕事が減って気分が落ち込み、手を出すのではないか。

 タレントは精神的に辛い仕事のはずだ。売れている時は忙しすぎて休めないが、仕事が減れば将来が不安になったり、その時の人気者に嫉妬したりする。人前ではいつも笑顔でいるのも大変だ。気の疲れる仕事だろう。

 だがマス・メディアはそんなことは一切考えない。「有名人だから特に責任を痛感しろ」などと言う。人気が落ちたら出してやらない「使い捨て」をしている側がこんなことを言うのは、ある意味で残酷だ。

 酒井さんについては「清純派のタレントが覚醒剤を使っていたとは驚きだ。子供のことを考えなかったのか。責任はどう思っているのか。」などと責める。アイドルを演じるのは特に大変なはずだ。それを知っていて、こんな非難を浴びせるのは、恐ろしい建前だ。

・辛い人は覚醒剤を使わずに、医者に行くべし
 「芸能人には薬物を許可せよ」と言うつもりは毛頭ない。ただ非難するのではなく、芸能人の置かれた状況を考えるべきだと言いたいのだ。

 「薬物は危険だ、違法だ」と言うが、それが分かっていて使う人が多いはずだ。危険性を幾ら訴えても、防止できない。気が滅入って困っている人はどうしたらいいか、呼びかけるべきだ。

 精神科や心療内科などの病院に行くのが一番適切だろう。それには勇気や金銭がいるが、スッキリする食べ物や飲み物を摂ってもいい。運動や旅行もストレスの発散になる。

 テレビや行政がそんな呼びかけをすれば、薬物使用は減るはずだ。だがまず言わない。「違法危険」と幾ら繰り返しても、効果は薄い。使いたくなった人に、どうしたらいいか教えてあげるのが、一番効果的だと思う。

 ただ悪い輩に「疲労回復の薬」と勧められることもあるそうだ。悪い連中と付き合わないのも必要だ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

麻生首相はまた漢字を読み間違えた [政治家]

【2009年08月10日に掲載、11日に訂正】-麻生太郎首相がまた漢字を読み間違えた。昨日9日、「傷跡」を「きずあと」でなく「しょうせき」と読んだ。メディアは特に取り上げなかったが、7月21日の両院議員懇談会では「(自民党はずっと)一致結束して戦ってきた」などと言った。「一致団結」が普通だから、間違えたのだろう。翌22日には「一致団結」と言った。誰かが教えたのだと思う。

 誰でも漢字の読み方を間違えて覚えてしまうことはあるが、この人の場合は余りに多い。難しい漢語の読み方に関してはずっといい加減できたのだろう。会社に入ってからは社長の倅だから特別扱いされて言い間違えても誰も直さず、社長になったらもっと注意してもらえなくなったのはないか。それでも政界に入った時は新人だから、先輩が注意することもあったろうに、反省しなかったのだろうか。

誤読は大雑把な性格の表れか
 麻生首相は大雑把な性格に違いない。それでは緻密な思考を積み重ねて、役人と渡り合ったり、野党議員を説得することはできない。基礎学力がないだけでも失格だが、大雑把な性格で首相を務めるのは無理だ。

 麻生首相の漢字力にも呆れたが、こんな者を首相に選んだ自民党にも驚いた。人気があれば、学力が低くても首相にするのか。

 漢字の読み間違いで批判されたのは、メディアを怒らせたからではないかと思う。「詳細」を「ようさい」と読んだのは9月30日の記者会見だが、それを報じたのは11月上旬のようだ。首相はマスコミが嫌いだからか、記者の質問に答える時愛想が悪い。初めは記者も我慢していたが、段々耐えられなくなって、細かいことで叩くようになったのではないかと思う。

 メディアが首相の読み間違いを何度も取り上げたので、漢字に興味の出た人が増えたようで、難読漢字の読み方を説明する本が売れたそうだ。意外なところで、出版界に貢献した。

 最近は演説原稿に振り仮名を振っているそうだが、それでも間違えてしまうのだから、困ったものだ。日本人の心には、漫画が好きで漢字の読めない首相として残りそうだ。歴代の首相とは根本的に違うことがあるはずだが、メディアは取り上げないので、分からない。

ブログランキング・にほんブログ村へ

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:ニュース

のりピーは逮捕されたが、マスコミは騒ぐな [芸能人]

【2009年08月09日】-昨日8日午後8時過ぎ、酒井法子容疑者は警察に出頭して逮捕された。これで警察とマスコミの追跡劇は終わった。

 一段落ついたが、明日テレビはワイド・ショーでもニュース番組でも大騒ぎをするだろう。それを考えるとちょっと憂鬱だが、あさってになるとニュース番組は控えると思う。ワイド・ショーは今週一杯騒ぐだろう。大物タレントの逮捕は芸能報道では大きな話題だが、なるべく落ち着いて事実を淡々と伝えるようにしてほしい。言っても通じないのは分かっているが、そう書いておく。

・潜伏先で騒ぎそうだ
 酒井容疑者はどこに潜伏していたか、はっきり供述していない。産経新聞は今日9日午後12時41分の記事に、「3日以降、都内から郵便物を出した。警察は都内に潜伏していたと見ている。」と書いた。同日午後6時10分の記事には、容疑者が「逃走中は東京都新宿区内や中央区内で寝泊まりし、山梨県にも行った」と話したと書いた。

 潜伏先がはっきり分かったら、テレビ局はそこに行って中継をして、大騒ぎをすると思う。メディアが騒ぐと、そこの住民は迷惑をこうむるし、視聴者は気がそぞろになってしまう。

 1回の騒ぎでは大きな被害は生まないが、何十年も馬鹿騒ぎをしてきたから、日本人は落ち着きを失ったと思う。マスコミのせいで犯罪も増えたろう。まともな人間なら自重するはずだが、左翼テレビは日本を混乱させたいから、やめる訳がない。やめるどころか、許容される範囲でできるだけ大袈裟にする。覚醒剤の使用より重大だ。

 容疑者は都内にいたというから、昨日も書いたように身延町で携帯電話の電源を入れたのは偽装工作かも知れない。

 J-CAST の9日付の記事によると、「逃げ方が素早いので、前歴のある人達が助言したのではないか」という見方がテレビに出た。そんな連中から覚醒剤を買っていたはずだから、さもありなんと思う。

・諸々の情報
 容疑者は「去年の夏頃、主人に勧められた」と供述したそうだ。だが、ザクザクは「9年前、薬物常習者の集まるクラブで、酒井容疑者を見た人がいる」と書いたし、日刊スポーツは「数年前に別居してから様子がおかしい」と報じたので、本当に使用は去年からなのか。

 また「主人の逮捕で気が動転し、泊まり歩いた」「捜索願が出たのをテレビで知り、びっくりした。逮捕状のニュースがテレビのテロップで出て、『これは大変だ。出頭したい』と思って、仲介者を通じて弁護士に連絡してもらった」と供述したそうが、信じられない。検査で薬物反応が出ないように隠れていたのではないか。もう体から抜けたと思ったから、出頭したのだろう。実際、尿検査の結果は陰性だった。

 また事務所の社長は心労のためか7日、病人に運ばれたそうだ。ファンは同情的で、産経の9日付の記事によると、警視庁に電話して様子を訊いている。中には「のりピーの罪をかぶるので、替わりに自分が留置場に入りたい」と言う人もいるそうだ。そんなことはできない。熱烈なファンだろうが、幼稚だ。

 警察幹部は昨晩記者会見も行ったが、断片的な情報が多く、まだ不正確だ。メディアは、警察が容疑者の自宅を捜索した時の模様を報じなかったくらいだ。

 また酒井逃亡のため押尾学に関する報道は減って、押尾は得した。愛人が死んのだからこっちの方がずっと重大だが、マスコミは行方をくらませた酒井を追いかけていた。解決しないことを長々とやるものだ。

・お詫びと訂正
 昨日のエントリーの冒頭には、さっき(9日午後6時50分)まで、【2009年08月07日】と書いてありました。面食らった方もいたでしょう。暑くて慌てていたし、7日のエントリーのアクセスが多く順位が上がったので、気が抜けたのだと思います。もう直しました。失礼しました。

ブログランキング・にほんブログ村へ

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

酒井法子は薬物反応が出なくなるまで、逃げるつもりだろう [芸能人]

【2009年08月08日】-のりピーこと酒井法子さんは、まだ捕まらない。昨日も書いたが、薬物が体から抜けるまで逃げて、覚醒剤使用罪に問われないようにしているのだろう。

 専門家の話しによると、覚醒剤は使ってから1週間以上経つと、検出できない。検出できないと使用罪には問えない。器具に DNA が付いていれば、使ったことは間違いないから、不思議だ。

 また毛髪には2週間以上残るが、尿検査で陽性反応が出てから身体検査令状を請求しないと、検査できないという。これは不合理だと思う。法は厳格に施行すべきだが、いい加減な審理で冤罪が出る一方で、検査については慎重すぎる。

・夫の愛人に子供を預けたか
 昨日エントリーを書いてから、色々なことが分かった。自宅には覚醒剤を吸引するための器具があり、酒井さんの DNA が付着していた。夫は「妻と一緒に使った」と供述した。長男を預けたのは夫の愛人で、元々は自分の友達だった。福岡県に住む弟さんは以前暴力団に入っていて、先月覚醒剤使用の容疑で逮捕されていた。

・3人で逃げているのか
 酒井さんは2日の深夜、夫の許に駆けつけたが、数日前から「男と一緒に来た」と言われていた。昨日の『情報ステーション』では女性の目撃者が「男二人と来た」と話した。マネージャーなど事務所の人間でなければ、仲のいい友達だろう。愛人かも知れない。育ての母だけでなく、この二人も逃亡を助けているだろう。

 身延町の人達は「子連れの母」を探すつもりだったが、夫婦二人のように振る舞っていたら、監視の目をくぐり抜けてしまう。育ての母も一緒で、3人で行動していたらもっと分かりにくい。探し方が初めから間違っていたように思う。

・身延町の電波は陽動作戦ではないか
 ひょっとすると身延町で携帯電話の電源を入れたのは陽動作戦で、酒井さんはそこに行っておらず、注意をそっちに向けるために誰かがわざわざ山梨に出向いて、電源を入れたのかも知れない。

 そうなら山梨にはいなくて、他の地方に逃げたはずだ。同行者が貸別荘などを借りて外に出なければ、簡単には見つからない。

 もし陽動作戦を取ったことが判明すれば、酒井さんは信用を完全に失って、同情的だったファンも見放すだろう。使用罪に問われないように逃げて、それには成功しても、芸能界にはいられなくなると思う。

 酒井さんの立場で言えば、自宅から覚醒剤と吸引器具を持ち出しておけば、所持罪にも問われずに済んだ。覚醒剤を使い過ぎて、判断力が鈍ってしまったのだろうか。

ブログランキング・にほんブログ村へ

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

酒井法子さんは、育ての母と一緒に逃亡しているのか [芸能人]

【2009年08月07日】-酒井法子さんのことで進展があった。今日7日、逮捕状が出た。警視庁が酒井さんの自宅を捜索したら、覚醒剤が見つかったからだ。

 10歳の息子さんは知人に預けていたことも分かった。無理心中の心配はなくなった。酒井さんは、おととい5日その知人に電話もかけた。

 夫の逮捕に責任を感じて、身を隠した訳ではないようだ。酒井さん自身も覚醒剤を使っていて、尿検査で使用が分かると困るから、薬物が抜け切れるまで身を隠すつもりではないか。だが自宅から覚醒剤が見つかったから、捜査や裁判でごまかすのは難しい。

 サンケイ・スポーツは7日付の記事に、「酒井さんの育ての母も行方が分からず、連絡が取れない」と書いた。育ての母と一緒に行動しているのかも知れない。そうすると育てのお母さんは、犯人隠匿罪に問われるだろう。山梨の人達は子連れの母親と思って探していたが、大人の女二人でいるのなら見当が違ってしまった。

 サンスポの記事は、酒井さんと身延山との関係を説明している。「酒井は4歳で生みの母と死別した。その後父は再婚して福岡県から埼玉県へ引っ越した。育ての母の実家が身延山の近くにあった。」などと書いた。

 酒井さんは覚醒剤防止のイベントに協力していたというし、裁判員制度の広報映画にも出ていた。そんな人が薬物に手を出してはいけない。

 また、殆どのメディアはまだ、高相容疑者の肩書きを「自称プロ・サーファー」と書いている。調査不足だ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

テレビは再現ドラマで薬物の危険性を知らせよ [芸能人]

【2009年08月06日】-3日は芸能人やその家族が薬物使用などで逮捕されたので、テレビ出演者は薬物の危険性を繰り返し訴えていた。「幻覚や幻聴が出る」「依存性があるから、一度使ったら止められなくなる」などと話していた。だがそんな抽象的は話しでは効果は薄い。

 夜回り先生こと水谷修氏は、薬物の怖ろしさを実例を挙げて説明していた。「ある少年はシンナーを吸い続けて幻覚を起こすようになり、トラックがキラキラ光る素晴らしい物に見えて、自ら突進していった」と話していた。その子は当然死んだ。このように実例を挙げて、説明すべきだ。

 再現ドラマを作ると、もっと薬物の恐ろしさを伝えることができる。覚醒剤などに手を出してしまう人は、危険性をよく認識していないはずだ。「これくらい大丈夫だ」と思って、使ってみるはずだ。中毒になったらどれほど苦しむか映像で見せたら、さすがに使おうという気は萎えるだろう。

 テレビはなぜ再現ドラマを作らないのか。いつもやっていることだから、簡単ではないのか。やはり本当は問題を解決したくないのではないか。左翼メディアはいつまで、問題を解決したいかのような口ぶりで、破壊しようとするのか。

ブログランキング・にほんブログ村へ

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

のりピーが心配だ [芸能人]

【2009年08月06日】-酒井法子さんの行方がまだ分からない。もう命を絶ってしまったのかも知れない。テレビの人達もそう思っているようだが、口にはしない。本当は縁起でもないことを言ってはいけないが、踏み込んだことを書くようにしているので、ご容赦を願う。

 この世と別れるつもりなら、まず10歳のお子さんをあやめるだろう。そうだと無理心中だ。覚醒剤所持も問題だが、殺人自殺の方が重大だ。夫の薬物所持に責任を感じ、自分の前で職務質問を受けたから辛くなったのだろうが、心中をしたらもっと大変なことになる。台湾や韓国でも活躍していたので、外国のファンも悲しむだろう。

 私は酒井さんのファンではないが、とても心配だ。もし亡くなってしまったら、悲しい。酒井さんは考えを切り替えて、皆の前に出てきて欲しい。子供でなく夫の不祥事なのだから、記者会見で1度釈明すれば、マスコミは深追いしないだろう。

ブログランキング・にほんブログ村へ

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

酒井法子さんは自殺しないで [芸能人]

【2009年08月05日】-酒井法子さんがお子さんを連れて、行方をくらませている。携帯電話の電波は、山梨県南部で途切れたという。

 その辺では酒井さんのお父さんが交通事故で亡くなったそうだ。もしかしたらお父さんの所に行くつもりで、山梨に向かったのかも知れない。

 夫が覚醒剤を使ったからといって自殺してはいけない。酒井さんは思いとどまってほしい。


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

(改題)愛人が死んでしまったから、押尾学は刑務所行きか [芸能人]

【2009年08月04日】-俳優の押尾学(31歳)容疑者が MDMA 使用の容疑で逮捕されたので、芸能マスコミは大騒ぎだ。薬物の使用だけならよくあることで(よくあるのも問題だが)そんなに驚かないが、一緒にいた女が死んでしまったので一驚した。私は押尾の名も顔も知らなかったので、特にショックは受けていない。

 「その女は愛人だろう」と思っていたが、内外タイムスはその見方を取った上で「性行為の最中に薬物を使用して、心臓発作を起こしたのではないか」と書いた。また他のメディアも「通報したのはマネージャーだったようだ」と報じた。

 女が亡くなってしまったので、傷害致死などの容疑が掛かるかも知れない。また女の親からは「娘を殺した」と恨まれて、民事訴訟を起こされることも考えられる。深刻だ。押尾は芸能人としてお終いだろう。

 前からお騒がせな男だったようだ。俳優をやめると宣言して事務所を首になったり、何人もの共演者と付き合ってきたりしたそうだ。ウィキペディアには「不遜な言動が多い」とも書いてある。勝手なことをし続けて来たから、そのツケが溜まってこ


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:ニュース

保守派の講演 [講演]

【2009年08月03日】-今日の午前中、国民新聞が届きました。いつも最後のページに講演などの情報が載っているので、いくつか転載します。転載の許可は同紙から取りました。

・水島総「『JAPANデビュー』で見られたメディア犯罪の実態と今度の動向」講演。8月8日(土)午後5時半から。文京シビック・センターで。会費は千円。懇親会費は3千5百円。(学生千円)。申し込みはファックスで03-3868-2101か、電話で090-4138-6397に。台湾研究フォーラムが主催。担当は永山英樹さん。

・教育研究全国大会。主題「元気な子供達をいかに育てるか」高橋史朗、慶野義雄ほか。8月8~9日、東京ガーデン・パレス。会費2千円。懇親会費4千円。電話03-3713-1515。東京都教師会。

・「正名運動祝賀会」8月9日(日)午後1時半、文京区民センター。会費2千円、電話03-3868-2111。日本李登輝友の会。

・「拉致問題を考える川口市民の集い」荒木和博ほか。8月22日(土)午後2時、川口駅東口・フレンディア。

・中澤伸弘「天皇意識・祭祀意識の近世に於ける復興」講演。8月26日(水)午後6時半、文京シビック・センター。会費千円。申し込みは電話090-4815-8217。国体政治研究会(中村信一郎)

 主催する組織や講演者は保守派では有名なので、話が詰まらないことはないと思います。

 予定が変更になることもあるので、電話や主催者のウェブ・サイトで確認してから、出かけた方がいいでしょう。

ブログランキング・にほんブログ村へ

タグ:国体 講演 拉致
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。