So-net無料ブログ作成

また「ないまぜ報道」の被害、「渡り」は天下りの特例だ [政局]

【2009年02月03日】-最近、政府とメディアでは、役人の天下りが問題になっている。中央省庁では誰かが局長などになると、同期の役人は退職する慣例になっている。ポストがないからだろう。だから、退職した役人は、公益法人などに天下りをする。

 これは仕方がない。もし天下りを認めないと、役人だった人は生活ができなくなる。金に困れば、悪いことをするかも知れない。普通の定年まで勤められないとなれば、優秀な人は役所に勤めたがらなくなる。

 一方、事務次官などに上り詰めた者は役所を退職してから、特殊法人をいくつも渡り歩いて、高額の給与と退職金を手にする。これがいわゆる「渡り」だ。これはやめなければならないし、やめられる。

 「渡り」は言語道断だ。役所で出世しただけで、数億円の給与を得ていい訳がない。だが渡りは少数だろう。2003年から2007年の5年間に61件だけのようだ。

 だがマスコミも内閣も両者を混同していると思う。少数の「渡り」と、数万人の一般天下りを混同している。だからニュースを聞いているも、よく分からない感じと不満が残る。

 マスコミはよく、似ているけれど違うことを一緒くたにして、批判をする。ないまぜにするのだ。ないまぜにして批判すると、問題を大きく見せかけることができる。日本人の不満も大きくできる。そうやって、与党を叩いて内閣支持率を下げ、内閣を潰すこともできる。究極の目的は共産革命だろう。

・タクシー券問題も「ないまぜ報道」
 マスコミは去年の6月、役人が深夜帰宅するのにタクシーを使うことも槍玉に挙げた。交通費を節約するために、なるべく早く仕事を終えるべきだが、国会審議の都合などで遅くなるのなら、役所の金でタクシーに乗っても仕方がない。

 運転手からビールをもらうくらいならまだいいが、金を受け取るのは絶対に駄目だ。一種の賄賂だ。

 それなのにマスコミは、深夜タクシーの是非とキックバックの是非をないまぜにして、非難を大きくした。役所不信を増大させた。タクシー使用まで止めさせた。いい加減な報道のために、日本は様々な被害を被っている。

 タクシー経費を減らすためには、官舎を近くに作るとか、役場に宿泊所を設置するとか、すべきことはあるのに、そんなことは言わずに、非難ばかりした。

 マスコミは、このようなデタラメをしょっちゅうやる。小さな問題と大きな問題を区別しないで、ごっちゃにして批判を繰り広げる。私は「ないまぜ報道」と名付けた。様々な問題をないまぜにして、区別しないからだ。

ブログ・ランキングに参加しています。

いいと思ったら、クリックして下さい。

 にほんブログ村 政治ブログへ


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

パソコンのいらないファイルの消し方 [パソコンや携帯電話]

 パソコンを使っていると、いらないファイルが段々たまってしまいます。それが余りに多くなると、動かなくなることもあります。

 でもパソコンの取扱説明書には対処法が書いてありません。本にも、まとめては書いていないようです。雑誌は書くはずですが、見ない人の方が多いでしょう。そこで私が、分かる範囲で書きます。ウインドウズ XP を基準にします。クリックすべき文字などを「」で囲みます。

 1. まず「ゴミ箱」のゴミを消して下さい。意外とゴミがたくさんたまっています。

 2. それからインターネットを見るためブラウザーにも、いらないデータがたまります。

 今出回っているインターネット・エクスプローラにはバージョン6と7があります。自分がどっちを使っているか調べるには、メニューの「ヘルプ」「バージョン情報」の順にクリックします。

 バージョン7では、「ツール」「閲覧の履歴の削除」をクリックすると、消した方がいいデータが何種類も一遍に出て来ます。

 「ファイル」はインターネットのデータです。普通これは定期的に消します。cookie は、サイトがこちらを認識するためのデータです。月に1回も消せば充分でしょう。「履歴」はウェブ・アドレスのことなので、これも定期的に消して下さい。

 「フォーム」は検索などのボックスに入力した文字です。時々消した方がいいでしょう。「パスワード」は、説明は不要でしょう。一番下に「すべて削除」があるので、これをクリックすれば一遍に全部消せて、便利です。

 インターネット・エクスプローラのバージョン7では消すべきデータが一遍に出るようになりましたが、バージョン6では厄介です。

 「ツール」「オプション」とクリックすると、「全般」タブが現れます。そこの「cookie の削除」「ファイルの削除」をクリックすると、消せます。

 それから「コンテンツ」タブをクリックして、「個人情報」の下にある「オートコンプリート」をクリックすると、「フォームのクリア」と「パスワードのクリア」が出るので、クリックすればフォームとパスワードが消せます。

 3.「イベント ビューア」のデータも消す必要があります。

 まず「管理ツール」を開きます。ウインドウズ・キーを押して、すぐ出る人はいいですが、そうでない人は、画面左下のスタート・ボタンを右クリックして、「プロパティー」を出します。ボタンの「カスタマイズ」、上部の「詳細設定」をクリックして、「[スタート]メニュー項目」の中で、「システム管理ツール」を探し、「[すべてのプログラム]メニューと[スタート]メニューに表示する」をチェックします。

 そうするとウインドウズ・キーをクリックした時に、「管理ツール」が現れるようになります。次に、その中の「イベント ビューア」をクリックします。左端の「アプリケーション」をクリックすると、右側に「イベント」が出ます。パソコンが行った操作が書いてあるようです。普通は必要ないので、消します。上部の「操作」「すべてのイベントを消去」とクリックし、「保存しますか」と訊かれたら、「いいえ」を押します。

 次には右端のコラムで「セキュリティ」をクリックし、同じように「イベント」を消します。次にはまた右端で「システム」をクリックして、消します。最後に「ファイル」「終了」でウインドウを閉じます。

 4. それから、「最近使ったファイル」を消して下さい。こんな物は必要ないのに、パソコンは勝手に最近使ったファイルのショートカットを作ります。

 またスタート・ボタンを右クリックして、「プロパティー」を出します。ボタンの「カスタマイズ」、上部の「詳細設定」をクリックして、「最近使ったファイル」の欄の中にある「一覧のクリア]をクリックして下さい。

 ウインドウズ98でそうするには、ウインドウズ・キーを押して、「設定」をクリックします。「タスク・バーとスタート・メニュー」が出ますから、それをクリックして下さい。そうすると新しいウインドウが開きますから、上部の「スタート・メニューの設定」をクリックします。次の画面の「最近使ったファイルの一覧」の下の「クリア」をクリックすると、最近使ったファイルを消すことができます。

 5. それからディスク・クリーンアップとデフラグも、時々する必要があります。前者は、ハード・ディスクにたまったいらないデータを消す作業です。後者は、同じファイルなのに、ハード・ディスクの中で分かれてしまったファイルを、つなげる作業です。

 ウインドウズ・キーを押して、「すべてのプログラム」「アクセサリー」「システム・ツール」という順番にクリックすると、ディスク・クリーンアップとデフラグの画面が現れます。

 クリーンアップの画面では、「ドライブの選択」で OK をクリックすると、ハード・ディスクの中のいらないファイルを探します。時間がかかるので、辛抱強く待つ必要があります。

 終わると一覧表が出てきて、いくつかにチェックが入っていますが、すべてにチェックを入れて、消していいと思います。「古いファイルの圧縮」は量が多くて時間がかかるので、忙しい時はチェックを外した方がいいでしょう。

 「デフラグ」の画面が出たら、「分析」をクリックすると、ディスクの様子を調べます。終わると、「最適化をして下さい」とか「しなくていいです」などと表示が出るので、それに従って下さい。これも時間がかかります。繊細な作業なので、応用ソフトはすべて終了させてから行った方がいいでしょう。

ブログ・ランキングに参加しています。

いいと思ったら、クリックして下さい。

にほんブログ村 政治ブログへ


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。