So-net無料ブログ作成
検索選択

福田内閣の体たらくは、自民党と国民の責任だ [政局]

 【ツカサネット新聞 2008年05月28日】-福田康夫首相は去年の9月26日に就任し、ちょうど8ヶ月が過ぎたが、とんでもない政権だ。いわゆる「ねじれ国会」だから、うまく政策を実行できないのは仕方がないが、ここまで何もできない内閣は珍しい。支持率は落ちる一方で、最近の世論調査では20パーセントくらいだ。

 日銀の総裁選びではモタモタし、原油高により物価が上がっても何もしない。拉致問題は全く進展させていないし、ギョーザやチベットに関しても、中国にはっきり抗議しなかった。

 いいことはしないのに、悪いことはする。小学生に英語を教えることにしたり、消費税の増税を考えたり、サマー・タイムを始めようとしたりしている。後期高齢者医療制度は小泉政権で決めたことだが、これもひどい。

 福田首相は中国に友好的で、拉致問題にも冷淡だったから、自民党にいるが、元々左翼がかった政治家だ。

 こんな駄目な男が総理大臣になってしまったのは、去年の自民党総裁選挙で、麻生派以外の全派閥が政策を度外視して、福田氏を支持したからだろう。政見をろくに聞かないで総裁を選んでしまえば、その者がしっかり政治を行わないのは当然なくらいだ。

 だから、今の政治状況は自民党に責任がある。特に福田首相を支持した派閥に責任がある。決して総理一人のせいではない。私は去年、「このように総裁を選んだら、政治が混迷するのではないか」と心配したが、実際にそうなってしまって、悲しい。

 聞くところによると、自民党の幹部は福田首相を辞めさせ、人気のある議員を総理にし、解散総選挙を行いたいそうだ。だが7月にサミットを日本で行うので、その直前に開催国の総理が替わるのは具合が悪い。だから我慢しているらしい。サミットが終わったら福田首相を辞任させ、また総裁選挙をして衆院選挙に臨むつもりのようだ。

 そうやって別の者が総理になっても、物価高が続き、後期高齢者医療制度の見直しが進んでいなければ、与党は議席を減らすと思う。そうすれば、首相は責任を取って辞任するだろうから、また首相が替わることになる。

 この国はどうなっているのか。自民党は何を考えているのか。こんな政党を長く政権に就けてきた日本人も、どうかしている。

 まともな野党があれば政権を任せられるが、民主党は左翼が主流を占めているし、小沢代表の見識にも問題があるので、政権を預ける訳にはいかない。

 国民の3割くらいが、まだ社会主義や共産主義がいいと思っているから、まともな野党が育たないのだろう。本当の敵は、左翼なのだと思う。左翼に早く夢から覚めてもらわないと、日本の混迷は続いてしまう。


 題が意味不明になって、末尾が勝手に消されましたが、ツカサネット新聞のサイトで読むのなら、http://www.222.co.jp/netnews/article.aspx?asn=17482 で。


タグ:自民党
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(2) 
共通テーマ:ニュース

なぜ女子高生ばかり狙われるのか [*事件や事故]

【ツカサネット新聞05月18日】-4月から女子高生など未成年の女の子が、被害に遭う事件が相次いでいる。東京都江戸川区の石田佳奈子さん(19歳)は、4月5日から行方不明になったままだ。

 愛知県豊田市では5月2日、高校1年生が自宅に帰らず、翌朝遺体で見つかった。強盗殺人事件に遭ったようだ。8日には、京都府舞鶴市でも、高校1年生の遺体が見つかった。9日には愛知県豊橋市で、高校2年生が顔に粘着剤のような液体をかけられた。

 最後の豊橋市の事件で怪我は軽いが、舞鶴市などは殺人だから重大だ。マスコミが特定の事件を大きく取り上げると、それを真似する者が出ることもあるが、マスコミは豊田市の事件をそれほど大袈裟に報じた訳ではないから、舞鶴市の事件が模倣とは考えにくい。

 2004年には茨城県土浦市(11月)など数ヶ所で、引きこもりの男が家族を殺す事件が、起きた。同じような事件が、短い期間に続いて起きることがある。なぜだろうか。

 個々の事件はつながりのない人間が起こすが、日本全体がまとまりのある社会だからではないか。社会学者のハーバート・スペンサーは社会有機体説を唱えたが、実際に社会は一種の有機体だからではないだろうか。

 日本に住む1億2千万人は、ばらばらに生きているのではなく、遠くの者とも目に見えないつながりがあるという訳だ。そう考えると、似た事件が続発するのも納得できる。また、自分の行動が遠くの人にも影響を与えるとすれば、些細なことにも注意を払う必要を感じる。

 同じような事件が続発するのは、神が人間に警告を発しているとも考えられる。引きこもりの殺人事件が起きた時は、「社会に適応できない人がいるから、対策を立てなさい」と人間に命じたのかも知れない。今回の一連の事件については、スカートを短くした無防備な女子高生が多いから、「乱れた服装はやめなさい。男に気をつけなさい。」と警告を発したのかも知れない。

 警告するために、神が無辜の人間を傷つけさせているとは思わない。続けて同じような事件が起きるように、調整しているだけだろう。

 神など信じない人もいるが、私は数回の神秘体験によって信じるようになった。数年前日本人は警告を受け止めず、引きこもり対策を立てなかったが、今回女子高生が被害に遭っても嘆くばかりで、子供に服装と身の守り方を教えてはいないようだ。少なくともマスコミでは聞かない。

 日本人はいつになったら、学ぶのだろうか。マスコミはいつになったら、騒ぐばかりのニュースをやめて、若者に生き方を教えるのだろうか。

 ツカサネット新聞のサイトで読むのなら、http://www.222.co.jp/netnews/article.aspx?asn=16851 


タグ:殺人事件
nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。