So-net無料ブログ作成

殺されたのは本当にビン・ラディンなのか [海外情勢]

【NMN 2011年05月06日】-パキスタンで5月1日、オサマ・ビン・ラディン容疑者が米海軍に射殺されたニュースは、まだ世界各地で大きな扱いを受けている。

 だがアメリカでは、殺されたのは本当にビン・ラディン容疑者だったのかという疑問が出ている。DNAの鑑定は素早かったし、米軍は直ちに水葬にした。また遺体の写真を公開していないため、疑念を生んでいるのだ。

 アフガニスタンのタリバン勢力はビン・ラディン容疑者の死を認めず、米国に「確固たる証拠」を示すよう求めた。

 また暗殺されたパキスタンのブット元首相は2007年、「ビン・ラディン容疑者は既に死んでいる」と話していた。

 もし今回米軍が射殺したのがビン・ラディンでないとしたら、殺されたのは一体誰で、本物はどうしたのだろうか。

・参考資料
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-20938920110505?sp=true
http://en.wikipedia.org/wiki/Osama_bin_Laden


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。