So-net無料ブログ作成
検索選択

9.11 テロもビン・ラーディン殺害もCIA の芝居 [海外情勢]

【2011年05月03日】-昨日、アメリカのオバマ大統領がアルカイダ・リーダーのオサマ・ビン・ラーディンを殺害したと発表した。嘘だと思う。

 というのは、アルカイダが 9.11 テロを実行したというのが信じられないからだ。同時多発テロは、イラク攻撃の口実を作ることなどを目的にして、アメリカの CIA などが起こしたと思っている。

 世界貿易センター・ビルの破壊については、様々な疑問がある。旅客機がビルに激突して火災が起きて倒壊したと言われているが、火災が起きてもビルは倒壊しないはずだ。鉄骨を残して焼け落ちるはずだ。またビルの地下で爆発音を聞いたという証言もある。

 米軍は常にレーダーで領空を監視しているはずなのに、旅客機が激突するのを防がなかったのもおかしい。1機が激突してからも、米軍は何もしなかった。

 ビン・ラーディンは80年代から CIA と協力していたし、ブッシュ家とも繋がりがあったと言われている。

 これだけでは説明不足だが、アルカイダという組織があって、それがアメリカでテロを起こしたと考えるには、疑問が多すぎる。アメリカでは神学者など社会的地位の高い人まで、アルカイダ犯行説に異議を唱えている。アルカイダという組織はなくて、CIA などが声明を創作して発表しているという。このようなことを書いた本は100冊を超えているだろう。日本語でも出ている。

 9.11テロが CIA の仕業なら、今回の殺害もきっと嘘だ。遺体の写真は出ていないし、もう水葬にしてしまったのも不自然だ。「イスラム教では24時間以内に埋葬しなければならない」というのは本当らしいが、「埋葬するとそこが過激派の聖地になる」「引き取る国がない」という理由は不自然だ。また死亡を喜んで、深夜ホワイト・ハウス前に人が数十人集まったのも不思議だ。当局が集めたのではないか。

 今回の殺害報道は、支持率が落ちていたオバマが CIA に芝居をさせたのだと思う。そんな猿芝居に日本のメディアもアメリカのメディアも付き合っているのだから、馬鹿みたいだ。
 

ブログランキング・にほんブログ村へ

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 1

コメント 0

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。